投資信託(ファンド)とは/初心者が知るべき株との違いとメリット・デメリット

投資信託(ファンド)は、株式投資の初心者にはとくにおすすめな投資方法です。
なぜなら、投資信託なら、あなたのかわりにプロに資産運用してもらえるからです。

株の初心者はえてして「どんな株に投資したらいいのか」「どんなタイミングで買えばいいのか」に悩むものですが、投資信託なら、そこをプロにまるごと任せられるのです。

しかも、投資信託では、より高度な専門知識が必要になる先物取引や、外国株式銘柄といったものへの投資も、プロに任せて始めることができます。

プロに任せる…となると、なんだか高額な費用がかかりそうですね。しかし、その心配はいりません。株式投資は、より小額から気軽に始められるよう、少額投資ができるようになっています。

また、自分のお金(資金)を、いろいろな投資商品に分けて投資できるのも、投資信託の大きなメリットになります。どれかひとつの銘柄の株価が下がっても、ほかの銘柄でカバーできるようになっている、というわけです。こうした方法は「分散投資」と呼ばれます。

このように、たくさんのメリットを持つ投資信託ですが、知っておかなければならないデメリットや、リスク要因もあります。デメリットを乗り越え、リスクを減らすための方法も含め、本記事で説明します。

スポンサードリンク

投資信託の仕組み/プロに運用を任せられる金融商品

投資信託は、個々の投資家から集めた資金をまとめて、プロの投資家がかわりに運用する、というものです。
略して「投信」とも、あるいは「ファンド」とも呼ばれます。

ここでいう「運用する」とは、株式や債券、不動産などで、リターンを得るための投資を行う、ということです。

株式投資だと、どの銘柄を買うか、いつ売買するか、すべて自分で判断し、自分で注文を出す必要があります。
この点は、初心者にはなかなか負担になります。
しかし投資信託なら、このフローを全てプロに任せることができます。

あなたのかわりに資産を運用してくれる代行者は、投資信託を購入した私たち個人投資家が出した資金を、全部まとめて運用します。
その結果として出た利益は、出した資金に応じて個人投資家に分配されます。これを「分配金」と呼びます。あるいは、投資信託の価格が上がった時に、その投資信託自体を売って差額利益を得ることもできます。

投資信託にかかわる3つの会社/「販売・委託・受託会社」

あなたが投資信託をはじめようと思ったら、合計3種類の会社とかかわりを持つことになります。といっても、直接やり取りをする会社は一つだけなので、安心してください。

一つ目は、あなたに投資信託を売ってくれる「販売会社」です。
販売会社は、例えばホームページで、投資信託商品の申込受付から、口座の開設など、面倒を見てくれます
販売会社になるのは、証券会社や銀行です。例えば、三菱UFJ信託銀行は、投資信託の販売会社にあたります。

二つ目は、投資信託商品を設計し、運用の方針を決める「委託会社(運用会社、投資信託委託会社)」です。例えば三菱UFJ信託銀行が販売会社の場合は、委託会社は三菱UFJ国際投信というところです。

三つ目は、委託会社の指示で実際に投資運用・資産管理を行う「受託会社」です。三菱UFJ国際投信が委託会社の場合、受託会社になるのは、販売会社でもある三菱UFJ信託銀行です。

この三社の動きをおおまかにまとめると、以下のようになります。

あなた(投資家)は、三菱UFJ信託銀行(販売会社)に、投信を申し込みます。
すると、あなたの投信の運用方針を、三菱UFJ国際投信(委託会社)が決めます。
それに応じて、三菱UFJ信託銀行(受託会社)が実際の運用を行い、株式の売買取引を市場で行います。

投資信託の手数料

投資信託を購入する場合は、商品内容の評価が最も大切ですが、同じくらい重要なのが、手数料です。

投資信託は、あなたに代わって投資のプロにお金を運用してもらう」金融商品であり、そのために様々な手数料がかかります。

まず「購入時手数料」です。投信購入時にかかる、初回限りの手数料です。
購入時手数料にかかるコストは、購入した投信の資産総額の0%(つまり無料)から5%前後になります。なお、これが無料であることを「ノーロード」と呼びます。

次に「運用管理費用」です。毎月かかる費用で、あなたが販売会社に対して支払った運用管理費用が、販売会社、委託会社、受託会社のそれぞれに分配されます。「信託報酬」とも呼ばれており、こちらは年率0.4%から2.5%程度です。
投資信託を持っているあいだに、投資信託の純資産総額として表示されるのは、この運用管理費用が差し引かれたあとの数字です。それゆえ見落としがちですが、コスト負担は最も大きくなります。

そして「信託財産留保額」です。解約時にかかる費用です。
年率は0%(無料)から0.3%程度で、解約したとき、投信購入費用からこの信託財産留保額が差し引かれ、投信の資産に収められます。

これらの手数料額は証券会社(販売会社)によって異なってくるため、できるだけ安いところを選ぶと、得られる利益を大きくできます。投資信託の価格帯によっても手数料は変わるため、自分の予算をイメージしたあとは、手数料も見てみるようにしましょう。

スポンサードリンク

投資信託の種類

日本で各販売会社が販売している投資信託の種類は、6,000を超えるといいます。
といっても、すべてが私たち個人投資家にも買えるというわけではありません。

個人投資家が買えるのは「公募投信」の「追加型」

例えば、わたしたちのような一般的な個人投資家が購入できるのは、「公募投信」といいます。これは、証券会社や銀行が、不特定多数の顧客(=投資家)に向けて販売しているものです。
一方、機関投資家をはじめとする一部の投資家にしか購入できないものもあります。こちらは「私募投信」といいます。

たとえ公募投信であっても、いつでも買えるものとそうでないものがあります。

いつでも買えるものは「追加型」投資信託、もしくはオープン型と呼ばれます。現在流通する投資信託の主流は、こちらの追加型になります。
いつでも買えないものは「単位型」投資信託、と呼ばれます。単位型では、あらかじめ決められた「募集期間」の間しか購入できません。そのためこちらは、いったん投信の運用が始まると、追加購入もできなくなります。

ETF:投資信託自体が上場したもの

投資信託は、証券会社や銀行に申し込むことで購入できます。
しかし、ふつうの株式銘柄のように上場しており、証券取引所で買える投資信託もあります。これを「上場投資信託」といいます。
多くの人は、略称の「ETF」という名で呼んでいます。

ETFは投資信託の進化形と言われることもあり、投資信託と比べていくつかのメリットがあります

まず一つ目は、手数料が安いことです。
投資信託の開始時にかかることのある販売手数料が、ETFだと株式委託手数料だけで売買できます。
さらに、投資信託だと毎月かかる運用管理費が0.4~2.5%であるのに対し、ETFでは信託報酬と呼ばれる0.1~1.0%(年率)のコストだけで済みます。運用中ずっと必要なコストを1/4程度にまで減らせるイメージです。

次に二つ目は、少額で始められることです。
ほとんどのETF銘柄は数千円~数万円で取引でき、投資未経験者でも手軽に始められます。

そして三つめは、上場株式ならではのリアルタイム性です。
投資信託だと、買える値段(基準価額)がその日の取引終了後まで公表されないうえ、売買ができるタイミングもその取引終了時のみ、つまり一日一度のみに限られます。
しかしETFなら、通常の株式銘柄と同様に、PCやスマホから常に現在価格を確認でき、売買もいつでも何度でもできます。

投資信託なら国内で6,000ほど存在しますが、ETFも今では200以上が存在します。
ETFには、投資信託と比較してデメリットも少しはあるものの、それさえふまえておけば、より初心者向けの投資方法と考えることができます。

投資信託を中身(アセットクラス)で選ぶ

投資信託では、複数の銘柄を組み合わせて運用します。その組み合わせは投信商品によって異なります。

その投資信託に組み入れられる銘柄が、どんな「資産クラス」から選ばれたかによって、投資信託はいくつかの型に分類できます。資産クラスとは、下記のようなものです。

  • 国内債券型
  • 外国債券型
  • 国内株式型
  • 外国株式型
  • オルタナティブ資産型(商品、不動産など)

こうした資産クラスは、それぞれリターン(収益)やリスク(値動き)の見込みが異なります。資産クラスは、とくに投資用語では「アセットクラス」とも呼ばれます。

投資信託を構成する銘柄のアセットクラスは、上に挙げた「国内/外国」や「債券/株式/オルタナティブ」といった区分のほか、「バランス型」と「テーマ型」というものもあります。

バランス型は、債券と株式、あるいは株式と不動産、といったように、異なるアセットクラスを組み合わせて構成された投資信託のことを言います。
とくに投資家に人気があるのが、このバランス型です。どれかのアセットクラスに偏らず、複数のアセットクラスに資産を配分できるために、大きな値下がりリスクを減らしたり、資産配分を変化させて売買差益を得やすくすることができます。

一方、テーマ型は、なんらかのテーマに沿う銘柄を組み入れた投資信託です。ここでいうテーマとは「AI関連」「新興国」「環境関連事業」といったものです。
こちらも、アセットクラスを分散させている、とも考えられますが、時代の流行に左右されやすい側面があります。例えば、AI技術が流行ったらAI関連テーマ型投信が売れる、などです。流行に追従するため、高値銘柄を含むことが多く、値動きも大きいため、魅力もありますがリスクも比較的大きくなります。短期投資向け投信と言えるかもしれません。

日経平均の終値を、AIが予想する。→こちら

投資信託とリスク

手数料がかかる代わりに、プロの投資家に運用を任せられる投資信託は、初心者にありがちなリスクの一部を軽減できる投資法と言えます。

また、少ない金額から始められる点でも、やはり初心者におすすめと言えるでしょう。

しかし、投資信託もリスクを含む資産運用であることには変わりありません。
ここではリスク回避のための投資信託の考え方を紹介します。

分散投資でリスクを減らす

リスクを減らすためには、分散投資を行うのが効果的です。

そもそも投資信託は、それ自体が分散投資の考え方にもとづく金融商品ですが、さらにアセットクラスの異なる投資信託をあわせて買うことで、分散投資効果をさらに高めることができます。

例えば、債券型投信と株式型投信を、それぞれ同時に持つ、という具合です。

なお、同じアセットクラスの投資信託を複数持っても、リスクを減らす効果はありません。

ドル・コスト平均法でリスクを減らす

一定の金額ぶんずつ、定期的に投資を積み立てていく「ドル・コスト平均法」も、投資信託のリスクを減らすよい方法です。

ドル・コスト平均法のメリットは、高値のときに買いすぎたり、安値のときに買い逃したり、といったリスクを減らし、平均購入単価を下げられるという点です。

た、定期的に購入することにより、購入タイミングの判断がつかず投資を見送ってしまうという機会損失リスクも減らすことができます。

まとめ:ポイントさえ理解すれば初心者におすすめ

手数料がかかるなどのデメリットはありつつ、プロに資産運用を任せられる投資信託は、初心者にはおすすめの投資方法です。
とはいえ、とにかく投資信託を始めれば儲かる、というわけではありません。

どんなアセットレベルのどんな投資信託を買うか、どのようにリスク分散を行うか、こうした点を考慮した上であれば、まずは少額から投資信託を始めてみてもよいかもしれません。

○日経平均AI予想では、来月の日経平均の上昇or下落を予想中
→ 勝率75%! 日経平均AI予想ツール「GROWIN」

投資信託の選択肢は非常に数多いものの、例えば市場と同じ値動きを目指して運用されるインデックス投信などは、比較的おすすめしやすい商品と言えます。
国内株式投資信託なら、日経インデックス投信やTOPIX投信なども検討してみると良いでしょう。

 

日経平均予想をフォロー!
最新情報をお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です