東芝が「買い」?/監査受けて上げ!判断材料を整理しよう

スポンサードリンク

日経平均株価が、先日の大幅安から今日も続落しました。

そんななか東証二部で気を吐く銘柄が、東芝です。
有価証券報告書提出を好材料に買いが入る東芝ですが、率直に、いまは買いなのでしょうか?本記事で判断材料を整理します。

スポンサードリンク

株安続くなか、決算発表で分かれる明暗

9日の大幅安を経て、日経の下落が続いています。
続落は3日目に達し、いっとき300円安を超えた下げ幅は、本日になって前日比8円まで圧縮されたものの、5月末以来の安値を更新する展開となっています。

日経平均の終値を、AIが予想する。→こちら

先頃より続く決算発表シーズンの動きとしては、電通やJディスプレイが減益・損失発表で目立った下げが出ました。
一方、経常利益を上方修正した銘柄のいくつかには上げも出ています。うち資生堂は上場来高値となりました。

スポンサードリンク

雌伏の東芝、一歩前進が買い圧力へ

そんななか、東証二部落ちした東芝が、2017年3が月の有価証券報告書を提出し、監査法人からは「限定付き適正」との意見を受けました。

限定付きとはいえ、雌伏のときが続く東芝にとっては、上場維持へ向けた大きな前進と言ってもよいでしょう。

「課題一つ解決」と社長、半導体売却にも進展

午後から開催されている記者会見で、東芝の細川智社長は「決算は正常化」「経営課題の一つが解決」と語りました。

半導体メモリー事業の売却についても、複数の選択肢を検討している旨が語られ、契約には至っていないにせよ、事態が進展しているようすが説明されていました。

株安の中二部で気を吐く東芝が上げへ

きょうの会見を経ての東証二部における東芝株価終値は、前日日+2(+0.69%)の上げとなりました。

東芝の監査「適正」意見については、二日前の8日にすでに可能性が報道されていました。そのため、明けた9日から買い注文が集まっており、上場廃止リスクの後退と受け止めた投資家の期待が、本日まで株価上げ圧力となっていると言えるでしょう。

東芝は買い?判断材料を整理する

では率直に、東芝は買いと言えるでしょうか?

今回の有価証券報告書提出により、上場廃止リスクは底を打ったと見る動きもあるようです。
また、日経平均株価が3日連続の下げと株安の流れで、まさに夏枯れ相場の雰囲気がただようなか、話題性に富む東芝株に好材料が出たとなると、動きあぐねていた多くの投資家の期待が、ここに集中する可能性もあります。

そう考えれば、今東芝株を買うのは、順張りのまっとうな投資行動とも言えるでしょう。

依然続く綱渡り、東芝買いはまだ慎重期す

しかし結論は、まだまだ慎重にならざるを得ないというところでしょう。

なぜなら東芝は、「適正」の監査意見を受けてもなお、上場維持のため他の厳しい条件をクリアしなければならない、綱渡り的状況が続いているからです。

WH損失計上の時期「適切でない」と監査

まず、過去に東芝が買収した米原子炉メーカーのウエスチングハウス(WH)に関して、監査法人は「損失計上の時期が不適切である」としており、それを理由として「限定付き」の適正意見となったようです。

現在も投資家に注意喚起を促す「監理銘柄」指定を受けている東芝にとって、こうしたほころびは大きな意味を持ってしまいます。

S&W損失認識に関する内部統制は「不適正」

また、米原発建設会社のS&W社買収に関しても、損失引当金の認識時期が妥当であったか「検証のための内部統制が適切にまわっていない」といった旨、監査法人から指摘が出されたといいます。

こちらは監査法人から「不適正」であると意見を受けています。即座に上場廃止とはならないものの、やはり今の東芝にとっては小さくないほころびと受け取れてしまいます。

決め手の債務超過、解消目処立たず

さらに、東芝は途方もない額の債務超過を抱えています。

AIが予想する、日経平均の次の終値 →こちら

その額は2017年6月末時点にして5042億円です。この解消の鍵となるのが、半導体メモリー事業の売却ですが、進展は見られても目処はたっておらず、猶予はもはや残っていないと言えます。

さきほどの記者会見では、半導体メモリー事業に付き「18年3月期までと見ると、売却は容易ではない」との発言が社長から出されたようです。

枯れ相場で光明…とはまだまだ言えない東芝動向

株安・円高夏枯れの市場で、資産運用に迷う向きには、話題に事欠かない東芝の株高が光って見えるかもしれません。
しかし、ここで順張りの買い、は早計かもしれません。

日経平均株価の日/週/月/年次のAI予想を、こちらのページで確認できます

 

日経平均予想をフォロー!
最新情報をお届けします。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です