今日(8月29日)のドル円相場の見通し-急激な円安に!

スポンサードリンク
ドル円相場 予想

先週末のジャクソンホールでのイエレンFRB議長の発言で急激な円安になって、102円程度になっています。

スポンサードリンク

先週末のドル円相場の動き

8月29日先週末のドル円為替グラフ

日本時間の23:00からジャクソンホールでイエレンFRB議長の講演がありました。
その中で時期は明言していませんが、近い時期に利上げが妥当であるとの発言が見られ、日米の金利差を意識した円安になりました。

2時間程度で100.2円から101.5円まで1円超円安になり、その後も順調に円安になっていて、本日の朝に102円台を記録しています。
しばらくは、この傾向が続きそうです。

日経平均の終値を、AIが予想する。→こちら
スポンサードリンク

今日のドル円相場見通し



本日の日中は、円安につられて、日経平均が上昇する見込みで、日経平均が大幅な下落を見せない限りは、101円後半から102円前後で動いていくと思われます。

夜には、米国の7月個人消費支出が発表されますが、米国7月個人消費支出は、予想と大きくずれることは過去にあまりありませんので、ドル円為替への影響は軽微と思われます。

AIが予想する、日経平均の次の終値 →こちら

今週は、日経平均が日銀ETF買入期待で下げ渋る形になっていますので、株価の大幅下落による円高は考えづらく、週末に発表される米雇用統計までは、101円台後半の動きと思われます。

週末に発表される米雇用統計は、9月利上げの材料になりますので、強い数字だと利上げ期待が高まり、さらに円安が進み、弱い数値だと失望の円高になると思われます。
いつもより注目していきたいと思います。

 

日経平均予想をフォロー!
最新情報をお届けします。

おすすめ記事

米国10年国債利回り・ドル円相関チャート

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です