【急激に円高】109円台に突入!北朝鮮リスクで円高いつまで?核ミサイル開発か?

北朝鮮リスク

昨日、北朝鮮が核弾頭をミサイルに搭載できるように小型化に成功したとのニュースで円高が急激に進みました。

スポンサードリンク

北朝鮮リスクで109円台の円高

昨日、北朝鮮が核弾頭を見際に搭載する小型化に成功とのニュースが伝わると110.7円台から110.2円台まで急激に円高になり、今日の日本市場では、さらに円高が進み、109円台に突入しました。

〇ドル円為替チャート
8月9日ドル円為替チャート13時

昨日の23:45から円高になり始め、今日の朝には、110.2円まで円高が進みました。
日本時間からさらに円高が進み、109.8円台まで下落しています。

今回の北朝鮮のリスクは、ただのミサイル発射ではなくて、ミサイル搭載が可能な核弾頭の開発に成功したことが重要で、核ミサイルの開発成功でアメリカを核攻撃できる可能性が出てきました。
さらに9日の北朝鮮日報で北朝鮮が、グアムへのミサイル発射計画を「慎重に検討している」と報じたと伝わり警戒感が高まりました。

さらに9月15日は北朝鮮の記念日で軍事行動を起こす可能性が考えられ、ミサイル発射も視野に入るので、長距離ミサイルの実験だった場合は、さらにリスクがたかまることになります。

8月4日の直近安値108.8円を切り108.7円台まで下落しましたので、このまま下落する可能性もあると思われます。

スポンサードリンク

北朝鮮リスクで円高は何円まで?いつまで続くのか?

前回の北朝鮮リスクが高まった時は、米軍がシリアにミサイル攻撃をしたあとの4月10日ごろからです。
その時は、10日の111.5円台から4月17日の108.2円台まで3円ほど下落しました。

春ごろに北朝鮮のミサイル発射や記念日の軍事パレードなどでアメリカが空母カールビンソンを日本海近くに配置するなど北朝鮮リスクが高まり、何度か円高になりましたが、長期にわたってつづいたことはありませんでした。

日経平均の終値を、AIが予想する。→こちら

一番長い期間だったのが、上記の4月10日~4月17日の7日間で、この時は、フランス大統領選挙が極右政党のルペン氏が敗れマクロン氏が勝つ状況となったことから、円安に反転しました。

今回の北朝鮮リスクは、一時的なものと思われますが、反転するには、何かきっかけが必要です。
一番近いきっかけは、8月11日の米7月消費者物価指数(CPI)がよそうを大きく上回れば、円安反転のきっかけになるでしょう。

ただし、米7月消費者物価指数(CPI)が予想を下回れば、14日の週からお盆休みや米国の夏休みも始まりますので、閑散とした相場状況になり、円高脱出のきっかけをつかみずらくなるので、11日をのがせば、来週いっぱいは、110円を切る円高水準で推移すると思われます。

今回の円高は、一番早ければ2日で回復し、長ければ、月末までかかる可能性があります。

今回の北朝鮮リスクによる円高の下値ですが、8月4日の直近安値108.8円を切り108.7円台まで下落していますので、次の目安は、6月15日の108.9円ほどだと思われます。
円安へと傾向を反転できる材料がないので、108円台を試す展開になりそうです。

しかし、これからどんどん円高になっていくような材料もないため、6月15日の108.9円を割っても4月17日の108.2円程度まで下落することはないのではと思っております。

○日経平均AI予想では、来月の日経平均の上昇or下落を予想中
→ 勝率75%! 日経平均AI予想ツール「GROWIN」

今回の北朝鮮リスクの円高の最安値は108.8円程度ではないかと考えています。

 

日経平均予想をフォロー!
最新情報をお届けします。

おすすめ記事

米国10年国債利回り・ドル円相関チャート

2 件のコメント

    • 北朝鮮リスクは、普通に考えると日本が危ないので、円安になりそうですが、東日本大震災の時も円高になったように、有事の際は円を買うと超短期のヘッジファンドがプログラムを組んでいて、それが自動で売買していることで短期的には円高になります。

      詳しくは、下記の記事に書いてありますので、読んでいただければと思います。

      日本の円はなぜ安全通貨なのか?北朝鮮情勢緊迫でなぜ円高?

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です