【1円以上円高】今日(7月27日)ドル円為替予想!米FOMCハト派で111円まで下落!

スポンサードリンク

今日のドル円為替相場は、現在は、111.1円前後で推移しています。

スポンサードリンク

昨日までのドル円相場の動き

7月27日のドル円為替チャート

昨日の東京市場は、前日の米オバマケアの採択が好感され、トランプ政権の政策が進むとの期待感から112円付近まで上昇した流れを受け円安が続きました。

ロンドン時間では、米FOMC(米連邦公開市場委員会)があるので、動意薄となり、東京時間からほぼ動かずの展開でした。。

次の日経平均は、上がる?下がる? →AI予想はこちら

ニューヨーク時間に午前3時にあるFOMC(米連邦公開市場委員会)に向け期待が高まり、112.15円まで上昇しましたが、FOMC(米連邦公開市場委員会)の生命がハト派的だったことから、急激に円高になり、一気に111.05円まで下落しました。

現在は、111.2円前後で推移しています。

スポンサードリンク

今日のドル円相場見通し

今日は、東京市場では、日経平均先物が若干下がっているので、ドル円為替も上値が重い展開になりそうです。
111円台前半での推移になるでしょう。

スポット取引の決済が月末を迎えるので実需勢の売り買いがあり、仲値公示までは輸入企業のドル買いが優勢でその後は輸出企業のドル売りが修正になるパターンが多いです。

夜は、とくに重要指標の発表はないので、影響は小さいと思われます。
ドル円は、明日の米GDP発表が大きな影響を持ちそうで、予想を下回れば、円高に動きそうです。

今日のレンジは、110.7円~111.6円のレンジで動く可能性があると予想します。

AIが予想する、日経平均の次の終値 →こちら

 

日経平均予想をフォロー!
最新情報をお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です