【円安】今日(8月23日)ドル円為替予想!トランプ政権の減税期待で円安に

スポンサードリンク

今日のドル円為替相場は、現在は、109.7円前後で推移しています。

スポンサードリンク

昨日までのドル円相場の動き

8月23日のドル円為替チャート

昨日の東京市場は、21日に北朝鮮の示威行為がなかったことから北朝鮮リスクが緩和して、108円台から109.4円まで上昇しました。

ロンドン時間では、横ばいで、109.2円~109.4円の間で推移しました。

ニューヨーク時間では、トランプ政権が法人税の現在を進めていると報道があり、期待感から円安ドル高になり、109.7円まで上昇しています。
ティラーソン米国務長官が22日に北朝鮮が自制していると発言したことで北朝鮮リスクも緩和されています。

しかし25日からのジャクソンホール会議のイエレンFRB総裁と府ドラギECB総裁の講演待ちといったところもあり、様子見ムードが強まっています。

AIが予想する、日経平均の次の終値 →こちら

現在は、109.7円前後で推移しています。

スポンサードリンク

今日のドル円相場見通し

今日は、東京市場では、日経平均先物が150円ほど上昇していますので、株高につられて、円安傾向なっていくと思われます。
日経平均の上昇幅によって、110円回復もあり得ると思われます。

夜は、米7月新築住宅販売件数の発表がありますので、影響は大きいと思われます。
ドル円は7月新築住宅販売件数の結果により大きく動く可能性があります。

今日のレンジは、109.4円~110.3円のレンジで動く可能性があると予想します。

次の日経平均は、上がる?下がる? →AI予想はこちら

 

日経平均予想をフォロー!
最新情報をお届けします。

おすすめ記事

米国10年国債利回り・ドル円相関チャート

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です