【2017年為替予想】ドル円為替予想ー2017年は125円まで円安に!

スポンサードリンク
ドル円為替相場

2017年の為替予想をしたい思います。2016年は、年初から円高が進み、100円を切るところまで行ってからの大幅な切り返しとなかなかスリリングな1年でした。
来年の2017年の為替はどうなるのでしょうか?

2017年為替予想 ドル円は125円まで行くか

現在は、大きなトレンドでいうと2016年11月から始まった円安ドル高のトレンドの最中と言えます。
2017年の為替予想は、この円安ドル高トレンドがいつまで続くか、どこまで上昇するかというのが一つの答えになると思われます。

○ドル円為替月足チャート 2011年~2016年
ドル円為替月足チャート2011年から2016年

AIが予想する、日経平均の次の終値 →こちら

大きなトレンドは、2012年11月からアベノミクスによる円安トレンドが始まり、2013年12月から2014年8月まで踊り場を迎えレンジ相場になり、2014年9月から円安トレンド、2015年6月に最高値を付けた後、円高トレンドに移行して、2016年7月から10月までレンジ相場になり、2016年11月から円安トレンドに移行し、現在に至るという形です。

2016年7月からのレンジ相場から円安トレンドに移行する部分のチャートを見ると2013年12月からレンジ相場になり2014年9月に円安トレンドに移行したときにそっくりなチャートとの形をしています。

これを参考にすると今後125円近辺まで上昇して、レンジ相場になり、その後、円高トレンドに移行するというシナリオになると思われます。

大きなトレンドとしての円安は、2017年4月まで続くと思われます。

トランプ政権のハネムーン期間と日本企業の円安による業績向上によって、2017年4月までは円安基調になると思われます。
ここで2017年最高値の125円を付けると予想しています。

その後、5月からのフランス大統領選からフランスの政治不安からEU全体へ広がり、イタリアやギリシャなどの経済的に弱いRUの国で景気後退が起きてくると予想しています。

リスクオフになり、円安がストップして、円高へと転換していくとみています。

本格的な円高は、10月以降のドイツの総選挙を経た後に中国の景気減速が鮮明になり、年末にかけて100円を切る急激な円高になっていくと予想します。

市況一括チェックブログ用画像

 

日経平均予想をフォロー!
最新情報をお届けします。

おすすめ記事

米国10年国債利回り・ドル円相関チャート

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です