【円安】今日(5月11日)ドル円為替予想!米長期金利の上昇で114円台へ!

スポンサードリンク

今日のドル円為替相場は、現在は、114.3円前後で推移しています。

スポンサードリンク

昨日までのドル円相場の動き

5月11日ドル円為替チャート

昨日は、東京市場では朝方は北朝鮮リスクで1114円から113.7円まで下落し、113.7円から113.9円で推移していました。

その後はロンドン市場は、一時的に114.1円まで上昇、その後軟調推移で113.7円まで下落する場面も見られました。

ニューヨーク市場では、米長期金利の上昇を見込んだドル買いがあり、0時頃から上昇して、4時ごろに114.3円台まで上昇しています。

現在は、114.3円前後で推移しています。

AIが予想する、日経平均の次の終値 →こちら
スポンサードリンク

今日のドル円相場見通し

今日は、東京市場では、日経平均の上昇や米国10年国債利回りの上昇につられて、円安なりやすい地合いになると思われますが、黒田日銀総裁が示した、長期金利が1%になった場合、23兆円の損が生じるというシミュレーションで将来日銀が大きな損失を抱える可能性が出て、上値が重い展開になりそうです。

夜は、米指標は、4月卸売物価指数(PPI)が発表されますので、インフレが予想通りに推移しているかどうか見極める展開になりそうです。予想は前月比+0.2%ですが、先月のようにマイナスになるようだと経済成長の鈍化が意識され、円高になる可能性が高いです。

今日のレンジは、113.5円~114.6円のレンジで動く可能性があると予想します。

 

日経平均予想をフォロー!
最新情報をお届けします。

次の日経平均は、上がる?下がる? →AI予想はこちら

おすすめ記事

米国10年国債利回り・ドル円相関チャート

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です