【円高】円高が進む!ドル円為替は113.3円から112.5円台へ下落!

スポンサードリンク
日経平均下落

ドル円為替が、円高が進み、112円台半ばまで下落しています。

次の日経平均は、上がる?下がる? →AI予想はこちら

ドル円為替112円台半ばまで下落

ドル円為替は、現在、112.5円台で推移しています。

○2月2日ドル円為替チャート
2月2日ドル円為替チャート

本日のドルン為替は、8時に113.3円台を付けてから下落基調で、日経平均の前日比-233.50円と大幅下落につれられてドル円も下落して、さらに米10年国債利回りが低下すると一層の円高が進み、112.5円台まで下落しています。

昨日の夜には、米指標が好調でADP雇用統計は、久しぶりの20万人増越えとISM製造業景況感指数も56と予想を上回る数値になり、113.9円まで上昇しましたが、FOMC(米連邦公開市場委員会)で3月の利上げへの言及がなく、一時112.9円まで下落していました。

AIが予想する、日経平均の次の終値 →こちら

トランプ大統領の円高牽制がまだ根強く残っていて、円高圧力がかかっているようです。

ただ、下値も堅いようで、112.5円が下値抵抗線となって下げ渋りとなっております。

円安に移行するには、ドル買いの材料がないと難しいので、明日の米雇用統計の発表までは、このような113円を挟んでの値動きになりそうです。

 

日経平均予想をフォロー!
最新情報をお届けします。

日経平均の終値を、AIが予想する。→こちら

おすすめ記事

米国10年国債利回り・ドル円相関チャート

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です