今日(9月15日)のドル円相場の見通し-円安一服で102円台に

ドル円相場 予想

今日のドル円相場は、103円台まで進んだ円安が一服して、ニューヨーク時間では、米国の8月輸入物価指数が予想より下回り、円高に推移しています。
現在は、102円台で推移しています。

スポンサードリンク

昨日のドル円相場の動き

9月15日昨日のドル円相場のグラフ

昨日は、日中には日銀の金融緩和報道の影響で103円まで円安が進みました。
しかしヨーロッパ時間に円安も一服し円買いがでて徐々に円高になっていき、ニューヨーク時間の米国の8月輸入物価指数が予想より下回り円高が進みました。

今日の朝は、日銀金融緩和と株安の綱引きでいったん0.2円ほど円安になりましたが、その後、0.5円ほど円高になっています。

日経平均の終値を、AIが予想する。→こちら
スポンサードリンク

今日のドル円相場見通し

日中は、日経平均の下げと日銀金融緩和観測の綱引きでどちらに傾くかという動きになっています。

日経平均は、始値から下げ幅を広げているので、それに合わせて、円高になっています。
日経平均が下落していくと円高が進むと思われますが、途中で日銀のETF買い支えがあると日経平均が上昇に転じて、円高もストップすると思われます。

日中は、102円を下値に102.5円までの間で動くと思われます。

夜は、アメリカで8月小売売上高や失業保険申請件数など複数の経済指標が発表されます。
これの結果いかんで上下すると思われますが、大きく円安に傾くことはないのではないかと思われます。

○日経平均AI予想では、来月の日経平均の上昇or下落を予想中
→ 勝率75%! 日経平均AI予想ツール「GROWIN」

○今日発表の主な米経済指標

時間 経済指標 予想
21:30 前週分新規失業保険申請件数 26.5万件
21:30 8月小売売上高(前月比) -0.10%
21:30 8月小売売上高(除自動車)(前月比) 0.20%
21:30 9月フィラデルフィア連銀製造業景気指数 1
21:30 8月卸売物価指数(PPI)(前月比) 0.10%
21:30 8月卸売物価指数(PPIコア指数、食品・エネルギー除く)(前月比) 0.10%
21:30 9月ニューヨーク連銀製造業景気指数 -1
22:15 8月鉱工業生産(前月比) -0.20%
22:15 8月設備稼働率 75.70%
23:00 7月企業在庫(前月比) 0.10%

 

日経平均予想をフォロー!
最新情報をお届けします。

おすすめ記事

米国10年国債利回り・ドル円相関チャート

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です