【円安】今日(11月15日)のドル円為替相場を予想するか どこまで円安続くのか?

スポンサードリンク
ドル円相場 予想

今日のドル円為替相場は、現在は、108.2円前後で推移しています。

次の日経平均は、上がる?下がる? →AI予想はこちら
スポンサードリンク

昨日までのドル円相場の動き

11月15日9時のドル円為替チャート

トランプノミクスが続き、ドル円は、一時108,5円台まで上昇しました。
6月以来の円安水準で次の節目が110円となります。

日本市場で107.5円まで上昇し、ロンドン市場で108円まで上昇し、ニューヨーク市場で108.5円まで上昇して、108.2円付近で終わりました。
各市場で0.5円づつ上昇するという1日中上昇していた相場でした。
今のドル円は、米国10年国債利回りの上昇につられて上昇している形になっています。

現在は、108.2円前後で推移しています。

スポンサードリンク

今日のドル円相場見通し

今日のドル円相場は、五、十日になるので、実需のドル買いドル売りが発生します。
日本市場では、調整色の強い相場になりそうで、いったんは、108円前後で推移するものと思われます。

昨日の予想は、106円台のボックス相場でしたが、大外れでした。
米国10年国債の利回りが上昇余地がないと思っていましたが、さらに上昇して、一時2.30%を付けました。

ただし、足元のドル円の急激な円安にくらべて、日経平均やNYダウの上がり幅が小幅で為替と株の上昇幅が乖離してきていますので、そろそろドル円のドル高も鈍化していくと思われます。

今日のレンジは、107.8円~108.5円のレンジで動いていくと予想します。

日経平均の終値を、AIが予想する。→こちら

 

日経平均予想をフォロー!
最新情報をお届けします。

おすすめ記事

米国10年国債利回り・ドル円相関チャート

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です