【円高】今夜のドル円為替どうなる?ドラギECB総裁の発言に注目

スポンサードリンク
ドル円為替

現在のドル円為替は、113.6円台で推移しています。

今夜のドル円為替相場の予想

ドル円は、113円台で推移していて、中国の11月貿易収支が予想より弱い数字で、日本市場の後場が始まったときに一時113.1円台まで円高が進みましたが、ヨーロッパ市場が開いてからは、ドル買戻しが強まっている。

しかし、17時台に入ると113.7円から113.3円まで下落し、その後すぐ113.6円台まで値を戻す荒い値動きとなっています。

12月8日18時のドル円為替チャート

今夜のドル円は、21:45からのドラギECB総裁の会見で資産買入の延長がなされるかどうかやテーパリングについて言及があるかどうかが影響を与えると思います。

テーパリングについて言及があれば、ユーロ高になる可能性があり、その場合は、ドルユーロでユーロが買われ、ドルが売られる形になり、結果、円高になる可能性もあります。

前回は、ドラギECB総裁がテーパリングを否定してユーロ安になっています。

米国の指標では、22:30に前週分新規失業保険申請件数 が発表差えますので、ドル円為替に影響は、小さいでしょうが、注目です。

 

日経平均予想をフォロー!
最新情報をお届けします。

おすすめ記事

米国10年国債利回り・ドル円相関チャート

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です