【超円高】今日(5月18日)ドル円為替予想!トランプ政権存続危機!

スポンサードリンク

今日のドル円為替相場は、現在は、111円前後で推移しています。

スポンサードリンク

昨日までのドル円相場の動き

5月18日ドル円為替チャート

昨日の東京市場は、日経平均の下落につられて、113円台から112.5円付近まで下落しました。

ロンドン時間も112.5円前後で推移していました。

ニューヨーク時間に入るとトランプ大統領がロシアへ機密を漏らしたとされることや司法妨害などで、トランプ政権の政策実行が遅れる懸念が大きくなり、NYダウをはじめとした米国株が下落して、大幅な円高になり、111円を切るところまで下落しています。

現在は、111円前後で推移しています。

AIが予想する、日経平均の次の終値 →こちら
スポンサードリンク

今日のドル円相場見通し

今日は、東京市場では、日経平均先物が大幅に下落していることから、円高傾向で110円後半から111円円程度で推移しそうです。
日本の1-3月期四半期実質GDPが予想を上回り、2.2%となっていますので、経済基調は上向いています。

夜は、米指標は、5月フィラデルフィア連銀製造業景気指数が発表されます。景気関連の指数が予想を下回るようだと、米国の景気減速への懸念も意識され、一層の円高に向かいそうです。

現地の報道によりますと、米下院監視・政府改革委員会が、トランプ氏とコミー氏のやり取りに関連した資料全てを5月24日までに提出するようFBIに要請したとありますので、24日がまでは円高傾向が続きそうで、24日の結果次第では、トランプ大統領の弾劾まで視野に入り、一層の円高になる可能性があります。

今日のレンジは、110.2円~111.3円のレンジで動く可能性があると予想します。

次の日経平均は、上がる?下がる? →AI予想はこちら

 

日経平均予想をフォロー!
最新情報をお届けします。

おすすめ記事

米国10年国債利回り・ドル円相関チャート

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です