【円高】今日(1月5日)のドル円為替を予想する!FOMC議事録で乱高下!トランプ政策不透明感で円高へ!

スポンサードリンク
ドル円為替相場

今日のドル円為替相場は、現在は、116.7円前後で推移しています。

スポンサードリンク

昨日までのドル円相場の動き

1月5日のドル円為替チャート

昨日は、東京市場では、日経平均の400円超高につられて、円安になり、118.1円まで上昇しましたが、ロンドン市場に入るとぽ欧州の株安で円高に転換し、117.2円まで下落しました。その後ニューヨーク市場では、FOMC(米連邦公開市場委員会)議事録の発表前の調整で一時117円台に下落しましたが、発表後に乱高下して、117.3円から117.7円まで上昇した後、また117.3円まで下落しました。

現在は、116.7円前後で推移しています。

スポンサードリンク

今日のドル円相場見通し

今日は日経平均が昨日の終値を挟んでの動きになりそうで、昨日の大幅上昇の反動の利益かくて売りが出て下落しそうですので、それにつられて、ドル円も円高に動きそうです。
東京市場に入って、117.4円から116.6円まで急激に下落しています。
しかし原油価格が安定していることとNYダウが上昇したことで、下値は限定的だと思われます。

夜に米12月ADP雇用統計と米12月ISM非製造業景況指数が発表されます。
雇用状態は完全雇用に近いので、あまり数値的には期待できませんが、12月ISM非製造業景況指数は、上振れを期待できそうですので、円安になりそうです。

次の日経平均は、上がる?下がる? →AI予想はこちら

今日のレンジは、116.4円~117.7円のレンジで動いていくと予想します。

日経平均の終値を、AIが予想する。→こちら

 

日経平均予想をフォロー!
最新情報をお届けします。

おすすめ記事

米国10年国債利回り・ドル円相関チャート

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です