黒田日銀総裁の記者会見 2017年1月31日

スポンサードリンク
黒田日銀総裁

黒田日銀総裁の記者会見の内容です。
いつものようにメモ的に箇条書きしていますので、一言一句同じ言葉ではなりません。
ご容赦ください。

スポンサードリンク

黒田日銀総裁の会見 2017円1月31日

内外需要の緩やかな上昇
金融は極めて緩和
国内経済は、金融緩和と財政支出で増加基調
海外市場は先進国の増加で新興国も持ち直す
GDPを円安や海外経済の成長で上振れる
消費者物価は0%から中長期的に2%
消費者物価が2%超えるまでマネタリーベースの拡大を続ける

スポンサードリンク

黒田日銀総裁 記者からの質疑応答

Q
アメリカのトランプ大統領のトランプ相場が続いているが、金融市場への影響は?

A
新政権の減税や財政出動の期待から株価は最高水準に推移している。
米国は世界に影響をあたえるのでよく注意してみていきたい。

Q
マイナス金利導入から1年、現時点での効果は?

日経平均の終値を、AIが予想する。→こちら

A
イールドカーブ全体にわたって大きく下落して貸出金利が下落している。
国債金融市場が乱れる中でマイナス金利の緩和的環境で金融機関が貸し出しに積極的である。
中ぶくと年金・生保などの運用にマイナスになるので、イールドカーブコントロールに移行した。
世界経済が追い風に変わる中で協力な緩和効果を発揮している
物価目標2%を達成するために必要

Q
アメリカの保護主義的な政策が下振れリスクを具体的に。
春闘の賃上げ姿勢に影響するか

A
展望レポートにも書いてあるが下振れリスクがある
政策委員は下振れリスクのほうが大きいと思っている
欧州経済、新興国経済など様々なリスクがある
米国の新政権のリスクは、まだ具体的な政策がはっきりしない
減税やインフラ投資などの積極的な財政投資によってアメリカの成長が高まる期待によって株価が堅調に推移している
どのくらいのリスクになりえるかは、様々な意見がある
アメリカのファンダメンタルはしっかり回復してきている

春闘については展望レポートの中でも具体的に示されている
企業収益、賃金と同時に物価が上がるように目指している
企業収益は最高で失業率も低い
世界経済の失速による下振れリスクもあるが、メインシナリオは、賃金上昇の地合いが整っている

Q
トランプ大統領の政策運営自体がリスクか?
現在の金融政策が為替に影響を与えてるが効果として考えているか?

A
トランプ政権は発足したばかりなので、注意深く見ていく
一般的には減税や財政出動は経済を成長をさせていく
保護主義経済は、世界経済を減速させるリスク
G7などで自由貿易の必要性は意識されているので、世界的に広がる恐れは低い

日本の金融政策は物価目標2%なので為替を目標にしていない
為替につきましては、金利格差が一定の影響を与えるが他にも様々な要因がある
為替政策は財務省の管轄

Q
トランプ大統領の入国禁止の大統領令はどう思いますか?
この混乱は世界経済に及ぼす影響は?

A
IMFに勤めていたのでワシントンに住んでいました
入国管理の問題は各国の政策の問題で、日銀が特別なことを言わない
大統領令うんぬんは議会がどのように決定するかは、各国によって違うので差し控えたい

Q
浜田先生が金融政策でデフレ脱却できないと言っているがどう思うか?

A
物価に影響を与えるのが金融政策
経済政策の運営で物価が上がればいいというわけではなく、企業集積、賃金が上がるのが重要
政府は中長期的には財政の健全化と規制緩和などで成長を押し上げていく
金融政策だけではなく財政政策、構造政策をバランスの取れた政策を行う
IMFでの推奨されている
浜田先生に聞いたほうがいい

Q
展望リポートで成長は上昇見通しだが、物価は従来通りだが?

A
一般的には成長見通しが上昇すれば物価も上昇するが、現在のところまで消費者物価の数値が弱い数値で推移しているので、2017年2018年の物価見通しを据え置いた

Q
物価が上がる状況は整ってきているが、実際の数値は横ばいなのはなぜか?
物価が上がることに対して春闘への期待は大きいか

A
今後についていえば、2017、2018年度には徐々に上昇していって、2%に達するのが見通し。
予想物価上昇率は弱め、過去の物価上昇率に影響される
実際のエネルギー含めた物価が上昇していくと物価見通しも上昇していく

賃金上昇の基盤は整っている
具体的に期待しているかは僭越なので、期待しているとしか言えない

Q
日銀のバランスシートは、今のまま国債を買い続けると500兆円超えます
当座預金への逆ザヤ生じると言っているが、2つの論文で出口負担のシミュレーションで6兆円の負債
トータルでの夫妻が80兆円となっている
論文を読んでいるか、論文はあり得ないものなのか、その根拠は?

A
この場は金融政策の答える場ですので、質問に答えることはありません
一番重要なのは物価を2%に達成させること
最適な経済政策をやっていく
日銀の財政を考えていくが、一番重要なのは物価目標
出口に関して話しをするのは時期尚早
その時の経済状況で変わってくる
アメリカも実際には逆の政策になっている
どのような出口戦略をとるのかは、道半ばなので具体的なことは言及しない
バランスシートと金利をどうするかは重要だが、その時の経済情勢によって決まってくる

Q
アメリカのトランプ大統領でどドル高を望ましくないという意向を打ち出しているがアメリカの為替政策の変更なのか?
通称と為替を切り離して考えるのが国際約束だったがトランプ大統領がリンクさせているが影響は?

A
為替の円安が成長率や物価に影響を与えるのは事実
特定の為替の見通しはもっていない
過去の何か月かの平均値を前提にやっている
為替が変化すると見通しは変わってくる

トランプ政権の政策にかかわることですので、日銀が担当していないので、申し上げることはないのですが、かつての経験から申し上げるとその時の為替水準が経済動向といまくいかないと通貨が強くなったり弱くなったりを主張する
経済のファンダメンタルに即して為替が変化していくのが良い
その時その時の経済情勢で為替の議論が行われる

通商政策はWTOと為替政策はIMFは国際機関でも分かれている
日本でも省庁が分かれている

Q
ダボスでは前向きなインタビュー内容だったが?
国債オペの1回飛ばされたがどうなのか?

次の日経平均は、上がる?下がる? →AI予想はこちら

A
セッションの性格上、世界的な経済の話しも求められたので、IMFはアメリカ、日本が上昇修正だったのでIMFの見通しを述べたが、アメリカに関しても大幅な減税とインフラ投資が行われれば、IMFの見通しより上振れるのではないかと話した
IMFの見方は慎重
国債オペに関しては、短期と長期金利目標を定めたイールドカーブを成形されれば、国債オペは需給などで決まる。
通常の国際オペによって緩和縮小などが決まるものではない

Q
春闘は物価が上がらなければ給与も上がらないというシステムをどうか?

A
過去の実績によって決まる
一旦物価が下がると予想物価が下がるので、思うように賃金が上がっていかない
政府は、今回の春闘においては、将来の物価予想を踏まえて賃金を上げてはどうかと経済界に打診して、経済界も合意している

Q
トランプ大統領は二国間の貿易赤字などを均衡させるのが正しいのか?
為替操作に関して、自国外通貨に関与している国が為替操作国になりえるのか?

A
様々な学者によると二国間の為替収支は意味はない
グローバルな国際収支は重要だが、二国間は経済学的には意味はないと経済学者が言うと思う
WTOのレベルでも細かい積み重ねなので、そういう話も出てくる可能性がある

IMFは各国の通貨に関して分析して公表しているが、修正的な資本収支を計算してからそれに見合う経常収支にあう為替レートがどれくらいかを計算して、実際の為替レートのギャップを見て市場のレートが過大評価されているかなどを分析している
IMFは、人民元に関しては過小評価されているとは言っていない
独自の計算から言っているので、アメリカの為替計算基準とは違う
そう簡単に決めつけられない
アメリカがどう認定するかはわかりません

Q
為替はファンダメンタルズに即して動くとうのはあるべき姿なのか?

A
経験から各国は自分がみるファンダメンタルから通貨が強いや弱いを判断している
常に通貨が強い、弱いと言っている国はないので、その時の経済状況で強いほうがいい、弱いほうがいいと話している
あるべき論はファンダメンタルに即して緩やかに動いていくものだ。

黒田日銀総裁の会見を聞いた感想

今回の記者からの質問のメインがトランプ政権関連になると思っていた通りに多くのトランプ大統領の政策などについての質問が出たが、はっきリとした答えはなく、発足間もないので注意して見守っていくといったことばかりでした。

保護主義や為替関しても従来通りに日銀の範囲ではないとして、明言せず、一般論での回答になっていました。

今日話題になった黒田日銀総裁の任期の延長についての質問がでなかったのが不思議でしたが、質問しても答えてくれなかった可能性が高いでしょう。

日銀のスタンスが従来と変化して、長期的に目標を達成するスタンスになっていますので、緩和策が出るのではと身構えていた2016年の前半と違い、若干のんびりした雰囲気になっているのは否定できないところです。

その証拠に今回の黒田日銀総裁の会見も為替にはほとんど影響がなく、0.2円ほど円安に動きましたが、黒田日銀総裁の会見の影響とはいいがたいのではないでしょうか。

しばらくは、日銀金融政策決定会合は、現状維持が続きそうですので、春以降のFOMC(米連邦公開市場委員会)の利上げがあるかどうかの方が注目を浴びるのではないでしょうか。

明日の夜中の4時にFOMC(米連邦公開市場委員会)の発表がありますが、こちらも現状時と思われ、イエレンFRB議長の発言も1月の講演と同じように年3回の利上げに言及するとすると若干の円安に為替が振れそうですが、思ったより影響がなさそうな予想です。

画像参照:By Asian Development Bank [CC BY 2.0], via Wikimedia Commons

 

日経平均予想をフォロー!
最新情報をお届けします。

おすすめ記事

米国10年国債利回り・ドル円相関チャート

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です