日経平均大引け反落 111円安で終了 米政権不透明感で売り優勢(12月4日)

今日の日経平均市況

12月4日の日経平均は、反落して111円安で終了しました。

スポンサードリンク

日経平均大引け(12月4日)反落 111円安で終了 米政権不透明感で売り優勢

今日の日経平均は、反落して2万2707.16円(-111.87円)(-0.49%)で終わりました。

先週のアメリカでロシアゲート疑惑でフリン前大統領補佐官が、有罪を認めたことで政権運営が不透明になり、NYダウも下落して、日経平均も売りが優勢になりました。

ハイテク株が売られて、ファナックなどの値がさ株が下げました。
ソフトバンクも下げています。
ファーストリテーリングは買われています。

スポンサードリンク

明日の日経平均株価予想

明日の日経平均株価は、アメリカの重要経済指標の発表が夜にあるので、それを見極めたいとして、海外投資家がていたムードになりそうです。

22時30分から10月貿易収支、24時から11月ISM製造業景況感指数の発表がありますので、様子見ムードが漂いそうです。

テクニカル的には、5日移動平均を超えていますので、まだ上昇基調です。
明日、大きく下落するようなら、短期的に下落基調に変化したことになりそうです。

先週、2万3000円直前で跳ね返されてますので、一度、2万2000円付近まで下落する可能性もありますので、明日の日経平均は注目です。

○日経平均AI予想では、来月の日経平均の上昇or下落を予想中
→ 勝率75%! 日経平均AI予想ツール「GROWIN」

友だち追加

日経平均の終値を、AIが予想する。→こちら

 

日経平均予想をフォロー!
最新情報をお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です