【今日の恐怖指数】8月10日の日経平均VIと米VIX指数ー北朝鮮リスクが続く

スポンサードリンク
今日の恐怖指数

毎日の恐怖指数から暴落の時期と原因を探っていきたいと思います。日経平均VIとS&P500のVIX指数の変化から考察したいと思います。

スポンサードリンク

今日(8月10日)の日経平均VIと米VIX指数

〇8月10日の恐怖指数

日経平均VI:16.26 (+0.20) (+1.25%)
VIX指数 :11.76 (+0.80)(+7.30%)

日経平均の終値を、AIが予想する。→こちら

※VIX指数は前日のもの
日経平均暴落
NYダウ暴落

日経平均VI(ボラティリティインデックス)と米S&P500のVIX指数は、昨日より上昇しています。

次の日経平均は、上がる?下がる? →AI予想はこちら

北朝鮮リスクが上昇したことにより、日経平均は今日も下落して3日続落となりました。
昨日のNYダウも下落して、先物も下がっています。

今回は、日本市場が連休に入る前のポジション調整もあり、続落となり、日経平均VIが上昇したものと思われます。
NYダウも今日は、下落すると思われますので、VIX指数も12くらいまで上昇する可能性があります。

来週は、日本はお盆休み、海外は夏休みで閑散相場となりそうで、下落傾向のまま進みそうですので、しばらくは、恐怖指数は若干高めで推移しそうです。

スポンサードリンク

今日(8月10日)の日経平均

今日の日経平均の終値は、19,729.74円(-8.97円)(-0.05%)となっています。

8月10日の日経平均チャート

今日の日経平均は自律反発が意識され、午前中は、昨日の終値より上昇して始まりました。

しかし、9時ごろからドル円がもみ合いになり、10時ごろから円高傾向になったことで、日経平均も下落して、11時過ぎに昨日の終値を割り込み、マイナスになっています。
その後、午後に一時的に終値を上回りましたが、最終的には8円ほどの小幅の下落となりました。

ドル円為替は、8時から9時まで上昇していましたが、その後は、下落気味で110円を挟んで動いています。

現在、ドル円は109.9円台で推移していて、NYダウの先物は-64ドル程度で推移しています。
ヨーロッパの株価は、全面安になっています。

いまのところ来週の日経平均は、小幅下落しそうな傾向です。

 

日経平均予想をフォロー!
最新情報をお届けします。

おすすめ記事

株価暴落

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です