トランプ氏「すぐにメキシコに壁を建設」費用はメキシコに!メキシコ外相が完全否定

スポンサードリンク
トランプ次期大統領

昨日のトランプ氏の記者会見でメキシコの壁の建設をすぐ始めたい意向を示していました。
さらに建設費用をメキシコに払わせると発言していました。

スポンサードリンク

トランプ次期大統領 メキシコ国境の壁をすぐに建設

トランプ次期大統領は、記者会見でメキシコとの国境の壁をすぐに建設に取り掛かりたい旨の発言をしていました。
費用に関しては、最初は、米国負担で作り、その後でメキシコに払わせると発言しています。

メキシコの壁に関しては、トランプ次期大統領は6日にTwitterでも発言していて

不正なメディアは、(スピードのために)万里の長城の建設に費やされた金額は、後でメキシコによって返済されるとは報告していません!

とメキシコに支払わせることを明言しています。

スポンサードリンク

メキシコのビデガライ外相はメキシコが支払うことは「絶対にありえない」

4日に就任したばかりのメキシコのビデガライ外相は10日にトランプ次期大統領のメキシコが支払うという発言を受け、「絶対にありえない」「建設費を支払うつもりは全くない」と明言していました。

トランプ次期大統領も記者会見の中では、「お金を支払ってもらう形にはならないのでは」という意味合いの発言もしていて、「関税になるかもしれない」などと直接的な支払ではなく、輸入に関税をかけて、その関税をもって壁の建設費にするつもりがある旨の発言をしていました。

現実的に勝手に作ったアメリカ側の国境の壁の費用をメキシコに払わせるのは、どう考えても不可能だと思われます。
関税などの別な手段で回収するとしたら、メキシコ、中国への35%の関税というのが現実味を帯びてきて、アメリカが保護貿易をして、世界の貿易にマイナスに働くようなことになってしまう可能性が高くなってきました。

経済にマイナスに働くので、株価が下落する要因となりえると思われます。

こんな記事も読まれています。

トランプ大統領誕生のリスク

おすすめ記事

株価暴落

スポンサードリンク

シェア!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です