米政府閉鎖危機と円高の関係

日本とアメリカ

トランプ大統領が「メキシコの国境の壁は政府閉鎖しても作る」と発言して、一転して危機感型漂い出した米政府の閉鎖危機ですが、ドル円為替とどのような関係になるか見てみましょう。

スポンサードリンク

米政府閉鎖危機とは

米政府の閉鎖とは、米国の債務上限問題から来ています。

米国の債務上限は、法律で決められていて、国債を発行して、借金をする上限額が決められていて、相武が上限に達して、それ以上国債を発行できなくなると財源が不足して、政府の職員の給与などを支払えなくなってしう状態になります。
これが政府の閉鎖です。

日経平均の終値を、AIが予想する。→こちら

要約すると「米政府がこれ以上借金ができなくなり、職員の給与などの政府機関を一時的に維持できなくなり政府を閉鎖する」ということです。

米政府が閉鎖すると何が起こるかというと年金の支払いや役所の業務がストップするので、民間に多大な影響が出ます。

日本では、考えられない政府機関の閉鎖ですが、実際に過去に18回起こっています。

直近ですと2013年のオバマ大統領の時に起こっており、約2週間くらい政府機関が閉鎖しました。

スポンサードリンク

米政府閉鎖危機と円高の関係は?

オバマケアを巡り予算が成立しなくて、2013年10月1日から10月16日まで政府機関が一部閉鎖されました。

実際の2013年10月前後の週足のドル円為替チャートが下記です。

○2013年ドル円為替チャート
2013年ドル円為替チャート

実際には、9月9日の週にオバマケアで予算が成立していなくて、そこから円高が始まっています。

そして、米政府機関閉鎖した週が一番円高になっていますが、週足自体は陽線になっています。

○日経平均AI予想では、来月の日経平均の上昇or下落を予想中
→ 勝率75%! 日経平均AI予想ツール「GROWIN」

米政府機関閉鎖の時の円高は、その前の議会の予算案が通るかどうかがカギで通らなければ、円高になり、政府機関閉鎖の10月から元に戻っていくという流れになりそうです。

 

日経平均予想をフォロー!
最新情報をお届けします。

おすすめ記事

米国10年国債利回り・ドル円相関チャート

2 件のコメント

  • AI予想で公開されている、”当り”・”はずれ”と判定基準がよく理解できません。
    もう少し解説をおねがいします。
    チェックしている限りでははずれが多く、はずれが当りになっているようにも感じます。
    データ利用の可能性を研究したいと検討中です。

    よろしくお願いします。

    • AI予想のあたりとはずれですが、上昇か下落を当たりはずれで判断しています。
      上昇予想で日経平均が昨日の終値より上昇すれば「当たり」、下落すれば「はずれ」です。

      極端に言いますと予想が昨日の終値より1000円上昇と出ていて、実際の日経平均が昨日の終値より1円上昇したとしても、上昇予想で実際に上昇したので、「当たり」と判定しております。
      終値予想の値と終値が離れていても「当たり」と判定される場合もあります。

      よろしくお願いいたします。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です