IOT時代の「ものづくり」とは―WBS ワールドビジネスサテライト

WBS(ワールドビジネスサテライト)
スポンサードリンク

IOT時代のものづくり

2020年にIOT製品が304億個で現在の2倍になる予想されている

日立製作所

レンズレスカメラ発表

    レンズの代わりの特殊フィルム
    モアレをデータ処理して映し出す
    フィルムの厚さは0.1ミリ
    車やロボットに搭載できる
    撮影後にピントが合わせれる
    2018年ごろの製品化

住江織物

光を当てると発電する糸

日経平均の終値を、AIが予想する。→こちら
    直径0.25mm
    糸の内部に発電する仕組み
    光が当たると発電する塗料が塗ってある
    新はステンレス
    2011年開発スタート
    2016年手作業で塗る
    発電する衣類としてウェラブル
    需要が増えれば安くて大量に作れる
    今から2年で実用化
スポンサードリンク

時代の変遷

産業革命⇒プラスチックの時代⇒炭素繊維強化プラスチック

航空業界には欠かせない素材

超先端材料

経済産業省 素材産業課が推進するプロジェクト

・超超プロジェクト
材料や添加物などの配合を人工知能でシミュレートして開発
素材開発のスピード化
これまでの20倍のスピードで開発
諸外国に負けないような環境を作る

新しい技術を発明するときは素材に行きつく
素材は革新的商品の源

○日経平均AI予想では、来月の日経平均の上昇or下落を予想中
→ 勝率75%! 日経平均AI予想ツール「GROWIN」

・超先端素材どう生み出すか?
スピード+資金+マインド

 

日経平均予想をフォロー!
最新情報をお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です