大幅な円高か?イエレンFRB議長議会証言の3つのポイントとドル円為替と日経平均への影響

2017年3月15日イエレンFRB議長会見

本日12日にイエレンFRB議長の下院での偽果証言があります。
イエレンFRB議長の証言でドル円為替が大荒れになる可能性もありますので、注目点とドル円為替、日経平均への影響をまとめてみます。

スポンサードリンク

イエレンFRB議長の議会証言の日本時間

本日12日のイエレンFRB議長の議会証言は、現地時間の午前8時30分に証言テキストが公開され、午前10時からスタートします。

〇イエレンFRB議長の議会証言の日本時間

12日 21:30 証言テキスト公開
12日 23:00 公聴会(議会証言)開始

本日のドル円為替は、昨日のトランプジュニアのロシアの弁護士とのメール公開によって、トランプ大統領のロシアゲート事件が再び取り上げられて、政権不信からドルが売られて、円高ドル安になっています。

イエレンFRB議長の発言内容次第では、ドル円為替も大荒れになる可能性があります。

スポンサードリンク

イエレンFRB議長の議会証言の3つのポイント

半期に1度のFRB議長の議会証言ですが、大きく3つのポイントがあると思われます。

1、利上げについて

一番大きなポイントが、今年の利上げについての内容です。

直前にブレイナードFRB理事が、利上げについては慎重に行動したいと述べたことを受け、ドル安円高になっていますので、イエレンFRB議長が、前回のFOMCの見解である、今年あと1回の利上げの姿勢を保つかどうかが、重要なポイントになってきます。

米雇用統計の非農業部門雇用者数は良い数字でしたが、賃金は上昇せず、消費や住宅系の指標も弱い中で本当に利上げを実施していくのかが注目です。

イエレンFRB議長が、利上げに慎重な姿勢を見せると大きくドル円為替が動く可能性があります。

2、バランスシートの縮小時期について

次に重要なポイントは、バランスシートの縮小の時期についてです。
FRBのバランスシートは、量的緩和のQE3までで4兆5千億ドルとなっています。

前回のFOMCでは、今年中にバランスシートを縮小するとして、具体的な金額も当初は、米国債60億ドル、住宅ローン担保証券(MBS)などが40億ドルと提示されました。

しかし具体的な開始時期と最終的な資産額の目安は触れられてないので、実際にいつから始めるかの開始時期に言及があるかがポイントになります。

市場予想では、9月からバランスシートの縮小、12月に利上げが予想されていますが、バランスシートの縮小が9月ではなく後ろ倒しになるようだと円高要因となります。

3、現在の株式市場への見解

アメリカの株式市場は、現在最高値圏を推移しています。
この状態の㈱市場をどのようにとらえているかを質問されたときにどのように答えるかによって、アメリカの株価に大きく影響を与えそうです。

イエレンFRB議長は、前月に株式市場について「高いように見受けられる」と発言しており、フィッシャー副議長とウィリアム連銀総裁も株式市場のリスクに言及しています。

これがFRBの相違なのかどうかは定かではありませんが、アメリカの株式市場はバブルを形成しつつあるとの見方もあり、それに対して、利上げをする上でも株式市場をどのように感じているかは重要になってきます。

現在の株式市場が高値圏であるとの見解を示すとNYダウなどのアメリカ株価が大きく下落する可能性があります。

イエレンFRB議長の議会証言のドル円為替と日経平均への影響

今回のイエレンFRB議長の議会証言は、前回のFOMCからの経済指標を鑑みての内容になると思われます。

米経済指標は、ISM製造業景況感指、数ISM非製造業景況感指数と米雇用統計の非農業部門雇用者数の3つの数値は、良い数字でしたが、他の経済指標は、予想取り下回ることが多く、賃金の伸びやインフレ率、個人消費などが伸び悩んでいます。

この経済指標を受けて、今回のイエレンFRB議長からハト派の発言が出る可能性があります。

利上げに消極的な発言になると円高ドル安になると思われます。

日経平均の終値を、AIが予想する。→こちら

長期金利が下落するので、アメリカの株価は金利上昇が業績に寄与する金融株が下落し、その他の株は、債券が下落するので、株価は上昇する可能性があります。

日経平均は、円高が響いてきて、下落する可能性が高いです。

イエレンFRB議長の議会証言の内容とドル円為替と日経平均の関係をまとめると

利上げに積極的=円安ドル高=日経平均 上昇
利上げに消極的=円高ドル安=日経平均 下落

となっています。

○日経平均AI予想では、来月の日経平均の上昇or下落を予想中
→ 勝率75%! 日経平均AI予想ツール「GROWIN」

予想としては、消極的とまでは行かないですが、利上げへのトーンダウンになる可能性が高いと思っていますので、円高になり、ドル円為替は、113円を切るくらいまで下落で、明日の日経平均は、2万円を割り込むと予想します。

 

日経平均予想をフォロー!
最新情報をお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です