日経平均株価 AI予想

日経平均株価 AI予想トップ > 株価暴落予想と変動要因 > 株価暴落の予想材料と歴史 > NASDAQの暴落予想

NASDAQの暴落予想(2017/12/14更新)

スポンサードリンク
前回のNASDAQ暴落から、 今日で
10
1
か月め
これまでのNASDAQ暴落周期は
7
0
ヶ月(平均値)
これまでの暴落平均周期を、すでに

3年1ヶ月13

超過しています

NASDAQ暴落の判断指標

9.92 (12/12更新)

NASDAQは、VIX指数(参考値:VOLATILYTY S&P 500 / VIX)が30を超えると暴落する傾向があると言われています。

日経、上昇相場は12月も続くか?AIが過去データからズバリ予想

NASDAQ / VIX指数(参考値:S&P 500 / VIX)チャート

NASDAQ(日本時間2017/12/14更新)
6,875.80
-13.48(-0.20%)
スポンサードリンク
月次予想5連勝中!日経平均AI予想GROWIN

NASDAQ暴落の平均周期(ヒストリカルデータ)

149ヶ月
18ヶ月
70ヶ月
スポンサードリンク

過去のデータ(1985年以降)を見ると、NASDAQの暴落は、平均して7年ごとに起きています。
もっとも最近にNASDAQが暴落したのは、2007年~08年にかけてのリーマン・ショック(世界同時金融危機)のときです。この際の下落幅は凄まじく、2007年から2年間で、なんと-77.3%も株価を下げています。
NASDAQにおけるリーマン・ショック暴落起点を2007年10月とし、平均暴落周期が7年であると考えると、2014年10月頃にはすでに暴落が起きていておかしくなかったこととなります。
さらに、過去の最大暴落周期を見てみると、こちらは14年10ヶ月となっており、これに鑑みれば、次の暴落は2022年8月までに起きる可能性が高い、と言えます。

年末の日経平均は?AI予想は、11/30

NASDAQ過去の暴落の歴史

1973年
第一次オイルショック
1987年
ブラックマンデー
1990年
1990年景気後退
1998年
ロシア財政危機
2000年
ITバブル(.comバブル/インターネットバブル)崩壊
2008年
リーマン・ショック(世界同時金融危機) ※10月24日、VIX指数(恐怖指数)最高値が89.53を記録

NASDAQの暴落は、この30-40年で6度ほど起きています。 いずれも暴落幅は20%から最大で77%にも及び、強い勢いの大暴落が起きていたと言えます。

NASDAQ最高値から最安値までの下落幅

発生年
暴落
最高値から最安値までの下落幅
1973年
第一次オイルショック
1年半で -59% 下落
2000年
ITバブル崩壊
2年半で -77% 下落
2008年
リーマンショック
1年半で -56% 下落
スポンサードリンク
スポンサードリンク
Copyright(c) All Rights Reserved.