日経平均予想

経済指標米国ADP雇用統計

米国ADP雇用統計とは?

ADP雇用統計とは、米国の民間会社の給与計算アウトソーシング会社のADP社(Automatic Data Processing)が約50万件の顧客を対象に雇用者数を調査して、発表している指標です。米ADP民間雇用者数とも呼ばれています。

米国ADP雇用統計は2006年から調査が行われており、アメリカ合衆国の労働省が発表する米国雇用統計の非農業部門雇用者数の先行指標として注目されています。調査結果の発表時間は米国雇用統計の2日前の水曜日(夏時間:日本時間午後9時15分、冬時間:日本時間午後10時15分)に発表されます。

ADP雇用統計は、米雇用統計の前哨戦として、ドル円相場に影響を与えますが、ADP雇用統計の結果が、米雇用統計に相関が高いかというとそこまで高い相関があるわけではないので米雇用統計を予想する上では、参考程度にとどめておくのが良いと思われます。

直近の数値(結果/予想)
結果15.3万人 予想17.5万人
次回発表予定日(日本時間)
2月1日22:15発表予定
米国 ADP雇用統計(単位:万人)
 1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2016年20.521.420.015.617.317.217.917.715.414.721.615.3
Copyright(c) All Rights Reserved.