日経平均予想

経済指標米国新規失業保険申請件数

米国新規失業保険申請件数とは?

米国の新規失業保険申請件数(Initial Jobless Claim)とは、イニシャルクレイムとも呼ばれ週次で発表される失業率の先行指標です。失業者が失業保険給付を申請した件数を集計し、米国労働省が毎週木曜日(夏時間:日本時間午後9時半、冬時間:日本時間午後10時半)に前週分を発表するという速報性のある指標のひとつです。

米国新規失業保険申請件数が前回の結果や予想より上回った場合は、雇用情勢が悪化している可能性を意味し、雇用情勢の先行指標として重要です。

米国新規失業保険申請件数の注意点としては、週次の発表で速報性がある反面、天候や祝祭日などにより数字の変動幅が大きくなりがちなので、4週間などの移動平均で指標を把握する事が重要となります。

直近の数値(結果/予想)
結果25.8万件 予想24.0万件
次回発表予定日(日本時間)
3月30日22:30発表予定
米国 新規失業保険申請件数(単位:万件)
2017年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
第1週24.7 23.4 24.3                  
第2週23.4 23.9 24.1                  
第3週25.9 24.4 25.8                  
第4週24.6 22.3                    
2016年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
第1週27.7 26.9 25.9 26.7 29.4 26.4 25.4 26.6 25.9 24.9 25.4 25.8
第2週28.4 26.2 26.5 25.3 27.8 27.7 25.4 26.2 26.0 24.6 23.5 25.4
第3週29.3 27.2 26.5 24.7 26.8 25.9 25.3 26.1 25.2 26.0 25.1 26.5
第4週27.8 27.8 27.6 25.7 26.7 26.8 26.6 26.3 25.4 25.8 26.8 27.5
第5週28.5     27.4     26.9     26.5   23.5
Copyright(c) All Rights Reserved.