【今日の日経平均】米長期金利上昇と世界株安のもと、もみあいのすえ利確売り勝り続落6日目(18年1月31日)

きょう1月31日の日経平均株価は、米長期金利上昇に連なる前日の大幅な米株安の影響で寄付きはマイナスで始まり、持ち高調整の売りと押し目買いの交錯で、一時プラス転換するも買い一巡後は売りが勝りふたたびマイナス転換、揉み合い相場のすえの続落6日目となりました。

米および世界の株安の流れのなか、きょうはドル円も終始108円台周辺の円高基調で、軟調な流れが予想されるも、利確と押し目買いが一進一退の攻防、後場寄付きからは日銀のETF買い期待もありプラス転換の展開を見せました。

しかしその後は利確勢に押されふたたびマイナス転換、大引けは-193円まで下げ、2万2000円台への転落も視野に入る2万3098円が終値となりました。

スポンサードリンク

2018年1月31日の日経平均株価


23,098.29/-193.68 (-0.83%)
続落6日目

スポンサードリンク

日中短信振り返り

31日 08:47 今日の日経平均◆欧州指数との相関が大。先物-70円。NYダウ大幅下落で売り先行か 日経レンジ予想 23,100 – 23,400

31日 09:03 寄付き下落/-88円(-0.38%) 前日の米株大幅安受け

31日 10:21 前場は上昇/+3円(+0.01%)  売り一巡で押し目買い、小幅プラス転換

31日 11:30 前引け下落/-24円(-0.11%)  売り買いもみ合い激しい

31日 13:07 後寄り上昇/+77円(+0.33%) 底堅いなか日銀買い期待とトランプ演説終了でプラス転換

31日 14:00 後場に上昇/+44円(+0.19%) 一進一退

31日 15:00 大引け続落/-193円(-0.83%) 押し目買い一巡でふたたび売り優勢となりマイナス転換、続落6日目

 

日経平均予想をフォロー!
最新情報をお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です