【今日の日経平均】米長期金利上昇で全面安、2016年以来の下落幅で続落2日目(18年2月5日)

きょう2月5日の日経平均株価は、米長期金利の上昇が波及し、大幅に下げて続落二日目となりました。

前取引日となる2月2日金曜日、米国市場では、良好な雇用統計等を反映して米長期金利が上昇、それにより株価の割高感が急激に高まり、株価が大幅な下落となりました。この米株安が波及し、週明け5日の日本株市場ではあらゆる業種で売りが先行し全面安の様相を呈しました。

後場では売り一巡で下げ渋ったものの、今後の米国株市場を前に戻りは限定的で、けっきょく-592円と2016年11月以来で1年3ヶ月ぶりの下落幅で引けました。ファストリなど大型株のマイナス寄与が大きかった一方、トヨタなど好決算の出た一部銘柄では上昇も見られました。

スポンサードリンク

2018年2月5日の日経平均株価


22,682.08/-592.45 (-2.55%)
続落2日目

日中短信振り返り

5日 08:54 日経平均は、先物が2万2840円で始まり、大幅安で売りが先行しそう

5日 09:22 寄付き下落/-472円(-2.03%) 米金利上昇で株式市場からの資金流出警戒し前日に米国株急落、売り波及で大幅下げ

5日 10:12 前場は下落/-509円(-2.19%) 売り一巡も戻り鈍い、全33業種で値下がり

5日 11:30 前引け下落/-565円(-2.43%) 2万3000円割り込み

5日 13:01 後寄り下落/-588円(-2.53%) 警戒感ぬぐえず買い手控え

5日 14:00 後場は下落/-550円(-2.37%) 午後に米金利2.8%へ上昇、株価は底値圏で横ばい

5日 15:05 大引け続落/-592円(-2.55%) 全面安で大幅下げ、続落2日目

 

日経平均予想をフォロー!
最新情報をお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.