【今日の日経平均】円高進行と先物主導の売り圧力に抗しきれず続落3日目(18年2月14日)

きょう2月14日の日経平均株価は、一時は106円台なかばまで進んだ円高でリスクオフの下押し圧力が強く、もみあいのすえ3日目の続落となりました。

前日の米株が上昇していたことを好感し、寄付きから序盤にかけ高値+100円周辺をつけるも、円強含みに同調するように売られマイナス転換し、おおむね安値圏で推移しました。

軟調ななかで一段安をつけるたび押し目買いが入り、もみあいを経て後場で大幅に戻しプラス転換するも、円高リスクオフムードと先物主導の売り圧力に抗しきれず、再びマイナス転換、そのまま大引けを迎えました。

スポンサードリンク

2018年2月14日の日経平均株価


21,154.17/-90.51 (-0.43%)
続落3日目

スポンサードリンク

日中短信振り返り

14日 09:06 寄付き上昇/+76円(+0.36%) 前日米株小高く支援材料も、円は107円台で重荷

14日 10:03 前場は下落/-44円(-0.21%) マイナス転換

14日 11:30 前引け下落/-135円(-0.64%) 市場予想下回るGDP伸び率を嫌気、さらに円高と株安が相互作用のスパイラルに

14日 13:16 後場寄下落/-268円 (-1.26%) 下押し圧強く軟調、ドル円は106円台でなお強含み

14日 14:23 後場は上昇/+2円(+0.01%) プラス転換、激しいもみあい

日経平均の終値を、AIが予想する。→こちら
○日経平均AI予想では、来月の日経平均の上昇or下落を予想中
→ 勝率75%! 日経平均AI予想ツール「GROWIN」

14日 15:02 大引け続落/-90円(-0.43%) 時間外米先物上昇からリスクオフ減、円高一服もあいまって日経平均は下げ幅縮小

 

日経平均予想をフォロー!
最新情報をお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です