【今日の日経平均】世界景気減速懸念で下落、昨年10月来安値(18年3月5日)

今日3月5日の日経平均株価は、貿易摩擦激化による世界的な景気減速懸念が続き、昨年10月以来5ヶ月ぶりの安値で続落4日目となりました。

米トランプ政権による保護貿易政策の報道で、世界景気の冷え込みに対する警戒感が急速に高まっており、輸出銘柄などをはじめとした売りが続きました。

好調な企業業績を背景に、下値では押し目買いの動きが見られるも、米および諸外国の貿易政策の先行きが見えない状況下では、積極的な買いに向かいにくく、相場には弱気感も出てきています。

スポンサードリンク

2018年3月5日の日経平均株価


21,042.09/-139.55 (-0.66%)
続落4日目

日中短信振り返り

5日 09:05 寄付き続落/-83円(-0.39%) 先週の米株下げと円高を先行要因に続落

5日 10:11 前場は続落/-165円(-0.78%) 下げ幅拡大、ドル円は105円半ば

5日 11:30 前引け続落/-138円(-0.65%) 節目2万1000円目前、貿易摩擦懸念の心理冷え込みで下値模索顕著

5日 13:05 後場寄続落/-103円(-0.49%) 下値圏でのもみ合い続く、円高嫌気で輸出株安い

5日 14:01 後場は続落/-239円(-1.13%) 下げ幅拡大、2万1000円割り込む

5日 15:03 大引け続落/-139円(-0.66%) 続落4日目、東一値下がり銘柄は7割以上

 

日経平均予想をフォロー!
最新情報をお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.