【今日の日経平均】閑散相場、高値圏から利確優勢で3日ぶり小反落(18年4月2日)

今日2日の日経平均株価は、閑散相場の中プラス圏で推移するも上値重く、引け前に利確売りが重なってのマイナス転換で、3営業日ぶり反落となりました。

先週金曜日は海外の祝日により欧米市場が休場で、明けた今日は材料難のなか売り先行のマイナス圏でスタートしました。まもなくプラス転換するも、市場参加者が少ないなかで上値は重く、もみ合い相場のすえ、引け前に上値重さを嫌気した個人投資家の利確売りでマイナス圏へ急落し、そのまま引けました。

祝日休場の影響で海外投資家の姿もなく、売買代金は今年最低となりました。きょうは日銀からの経済指標短観が発表されましたが、騰落いずれに対しても影響は限られました。

スポンサードリンク

2018年4月2日の日経平均株価


21,388.58/-65.72 (-0.31%)
下落1日目

日中短信振り返り

2日 09:00 寄付き反落 -9 (-0.04%) 先週末の欧米株式祝日で材料なく動意薄

2日 10:01 前場は続伸 +42 (+0.20%) 寄り付き後プラス転換もその後上げ渋り

2日 11:31 前引け続伸 +107 (+0.50%) 一段高、新年度の機関投資家からの新規資金流入に期待も

2日 12:44 後場寄続伸 +99 (+0.46%) 上げ渋り、薄商い

2日 14:13 後場は続伸 +103 (+0.48%) 閑散相場のなかプラス圏でもみ合い

2日 15:00 大引け反落 -65 (-0.31%) 引け直前で急落、マイナス転換で3営業日ぶり反落

 

日経平均予想をフォロー!
最新情報をお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください