【今日の日経平均】材料なく買い意欲薄のまま小幅続落(18年4月12日)

今日4月12日の日経平均株価は、材料難のなか薄商いで、売り買い交錯から小幅マイナス圏となり続落しました。

米中貿易摩擦やFANG株(IT銘柄)不振がいったんなりを潜めたのち、市場ではシリア周辺の地政学リスクが意識され、買い意欲の後退と状況見極めの手控えムードが強い相場となりました。

ほぼ終始小幅に前日比マイナス圏で、ただ一度スタート直後には、前日のダウ大幅下落を受けてかマイナス100円周辺まで下押しましたが、その後はマイナス20円からマイナス50円レンジで推移し、決め手に欠けるまま小幅続落で引けました。

スポンサードリンク

2018年4月12日の日経平均株価


21,660.28/-26.82 (-0.12%)
続落2日目

スポンサードリンク

日中短信振り返り

12日 09:01 寄付き続落 -26 (-0.12%) シリア周辺の地政学リスク意識で売り先行

12日 10:08 前場は反発 +23 (+0.11%) プラス転換

12日 11:30 前引け続落 -7 (-0.03%) マイナス転換、先物へのまとまった買いと米時間外先物プラス圏で買い増も総じて商い薄く方向感に欠ける

12日 12:57 後場寄続落 -45 (-0.21%) やや利確売り優勢

12日 14:08 後場は続落 -8 (-0.04%) 下げ幅縮小、円小安くダウ時間外先物はやや堅調

12日 15:04 大引け続落 -26 (-0.12%)  小幅マイナス、材料無く薄商いでもみ合いのなか利確売り競り勝る

 

日経平均予想をフォロー!
最新情報をお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です