【今日の日経平均】小幅続伸、地政学的リスク懸念後退も動意は薄(18年4月16日)

今日4月16日の日経平均株価は、買い材料に欠け動意の薄い中、時間外米株先物の上昇などを支えに小幅に続伸しました。

先週末の米国株式市場では、シリアをめぐる地政学的リスクの不透明感からリスクオフの動きが強まり、下落しました。週明けとなるきょうの日本株式相場では、こうした流れを反映し上値の重さが目立ったものの、ほぼプラス圏での展開となりました。

スタートからプラス圏で、午前は円安を支えに上昇、その後は円強含みで一度のマイナス転換も戻し、しかし買い材料なく動意に欠けるまま、+50円あたりで上げ渋る展開となりました。

スポンサードリンク

2018年4月16日の日経平均株価


21,835.53/+56.79 (+0.26%)
続伸2日目

スポンサードリンク

日中短信振り返り

16日 09:03 寄付き続伸 +53 (+0.24%) シリア攻撃が重しとなるも円安支えに小幅上昇

16日 10:05 前場は続伸 +67 (+0.31%) 東一銘柄の六割が値上がり

16日 11:30 前引け続伸 +55 (+0.26%) 上値重い

16日 13:00 後場寄続伸 +27 (+0.13%) 上げ幅縮小、シリア警戒感は後退も円強含みで一時はマイナス転換も

16日 14:02 後場は続伸 +50 (+0.23%) 伸び悩み、動意薄

16日 15:04 大引け続伸 +56 (+0.26%) 後場は米株時間外先物高が支えも買い材料無く上げ渋り

 

日経平均予想をフォロー!
最新情報をお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です