【今日の日経平均】日米会談の友好ムード好感、買い安心感覗き続伸5日目(18年4月19日)

今日4月19日の日経平均株価は、日米首脳会談が二日間とも市場懸念よりも穏便な経過をたどったことを好感し、5日目の小幅続伸となりました。

米トランプ大統領からの挑戦的な発言が懸念されていた首脳会談は、双国の貿易に関する主張が相違える点はあったにせよ、おおむね友好的なムードで二日間の日程を終えました。

これを受け株価は前場で上昇、ドル円も安含みの展開となっていましたが、株価が2万2300円周辺に達すると厚い利確売りが阻み、上値を縮小しました。とはいえ買いが押し切られるには至らず、下値の堅い展開で続伸しました。

これまで株価の重しとなっていた地政学的リスクや各国政局リスク、貿易リスクなどが、ひとまずとはいえ落ち着きを見せたところで、市場では買い安心感も見られました。

スポンサードリンク

2018年4月19日の日経平均株価


22,191.18/+32.98 (+0.15%)
続伸5日目

日中短信振り返り

19日 09:00 寄付き続伸 +71 (+0.32%) 円高一服に買い先行

19日 10:13 前場は続伸 +170 (+0.77%) 上げ幅拡大、日米首脳会談の穏健ムードに円高も支援で

19日 11:30 前引け続伸 +137 (+0.62%) 一時は2万2300円突破も利確売りと円安一服で上げ渋り

19日 13:01 後場寄続伸 +94 (+0.43%) 上げ幅縮小

19日 13:51 後場は続伸 +85 (+0.39%) 材料なくこう着、為替もドル円107円40銭付近でもみ合い

19日 15:18 大引け続伸 +32 (+0.15%) 小幅に続伸、利確売り厚く上値重しも買いには安心感

 

日経平均予想をフォロー!
最新情報をお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください