【今日の日経平均】小幅続落、国内決算期を前に動意少なく(18年5月7日)

今日5月7日の日経平均株価は、これから本格化する決算発表を前に様子見ムードが強く、為替円高を重しに小幅続落2日目となりました。

先週末のダウ大幅上昇を支えに寄付きは買い先行でスタートしましたが、一時は110円台も見据えていたドル円が108円台まで割り込むとともに株価も下げ前場でマイナス転換、その後は押し目買いや日銀のETF買い期待、またドル円の円高一服を支えに下げ幅を縮めました。

けっきょくドル円は109円台を回復、同調して株価は大引け直前にプラス転換するも保たず、小幅マイナス圏で大引けを迎えました。先週末の米アップル決算が好調であったのを踏まえ、関連国内企業でも好決算が期待されますが、週明け一日目のきょうは動意が続かず、終始小動きの展開でした。

スポンサードリンク

2018年5月7日の日経平均株価


22,467.16/-5.62 (-0.03%)
下落2日目

スポンサードリンク

日中短信振り返り

7日 09:02 寄付き反発 +16 (+0.07%) 前取引日の米株は上昇も円高進み方向感見えにくい

7日 10:02 前場は続落 -69 (-0.31%) 戻り待ちの売りに押されマイナス転換、ドル円108円台へ上昇も重し

7日 11:35 前引け続落 -100 (-0.45%) 円高重し、今週の決算発表前に動きは小幅

7日 13:02 後場寄続落 -52 (-0.23%) 下げ渋り、日銀ETF買い期待とドル円109円台回復で

7日 14:02 後場は続落 -26 (-0.12%) 下げ幅縮小、押し目買いで

7日 15:05 大引け続落 -5 (-0.03%) 小幅続落、様子見ムード強く動意欠く

 

日経平均予想をフォロー!
最新情報をお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です