【今日の日経平均】反落、イラン核合意からの米離脱表明にリスクオフの動き(18年5月9日)

今日5月9日の日経平均株価は、米トランプ政権によるイラン核合意からの離脱表明をうけ地政学的リスクへの警戒が高まり、反落しました。

昨日の米株式市場では、米政権はイラン核合意離脱を表明し、イランに対し経済制裁を下す可能性がきわめて高くなったことで、中東を取り巻く地政学的リスクを嫌気した売りが重なりました。

この状況を受け、明けた今日の日本市場では、売り先行でのスタートから終始マイナス圏での展開となりました。前場では109円50銭近辺まで円安が進んだことで一時下げ幅が縮小したものの続かず、さらに武田薬品の外国企業買収の報を受けた医薬品銘柄の持ち高調整売りが重なりました。

日経平均の終値を、AIが予想する。→こちら
スポンサードリンク

2018年5月9日の日経平均株価


22,408.88/-99.81 (-0.44%)
下落1日目

スポンサードリンク

日中短信振り返り

9日 09:00 寄付き反落 -46 (-0.21%) 売り先行、トランプ政権の各合意離脱やイラン経済制裁でリスクオフ進む

9日 11:30 前引け反落 -95 (-0.43%) 下値拡大、円安支えに一時上昇も地政学的リスクが重しに

9日 13:03 後場寄反落 -94 (-0.42%) 下値圏、利確売り優勢

9日 14:00 後場は反落 -141 (-0.63%) 下値拡大、利確優勢

○日経平均AI予想では、来月の日経平均の上昇or下落を予想中
→ 勝率75%! 日経平均AI予想ツール「GROWIN」

9日 15:01 大引け反落 -99 (-0.44%) 地政学的リスク警戒の売りと医薬品株の持ち高調整売りで下値圏のまま推移

 

日経平均予想をフォロー!
最新情報をお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です