【今日の日経平均】反発、円安進行やトヨタ好業績支えに下値固く推移(18年5月10日)

今日5月10日の日経平均株価は、前日の米株上昇やトヨタ好決算、円安進行などを支えに投資家心理が強気に傾き、買い優勢で反発しました。

前日までの米株式相場では、米トランプ政権によるイラン核合意脱退で原油先物価格が上昇しており、石油銘柄の買いにつながりました。また米長期金利上昇で恩恵を享ける見通しの金融株も上昇、NYダウは続伸しました。

明けたきょうの日本株市場は、米株の好地合いを受け継いでプラス圏でスタートし、日本最大の時価総額銘柄であるトヨタの好決算や円安進行とともに、ほぼ堅調に推移しました。戻り待ちの利確売りや場中の円安一服が重しとなりましたが、アジア株式市場の堅調も投資家心理を支えて下値は固く、終始プラス圏のまま大引けを迎えました。

スポンサードリンク

2018年5月10日の日経平均株価


22,497.18/+88.30 (+0.39%)
上昇1日目

スポンサードリンク

日中短信振り返り

9日 09:00 寄付き反落 -46 (-0.21%) 売り先行、トランプ政権の各合意離脱やイラン経済制裁でリスクオフ進む

10日 09:13 寄付き反発 +73 (+0.32%) 買い先行、前日の米株高を反映

10日 11:27 前引け反発 +37 (+0.17%) 上げ幅縮小、戻り待ち売りに円安一服で重しも

10日 14:00 後場は反発 +73 (+0.33%) 伸び悩み、米長期金利低下でドル売られ円安一服

10日 13:05 後場寄反発 +71 (+0.32%) 強含みもみ合い、利確重しも好業績株への買いが下値支え

10日 15:05 大引け反発 +88 (+0.39%) 小幅に続伸、円安と前日の米株高を支えに

 

日経平均予想をフォロー!
最新情報をお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です