【今週の南アランド円見通し】米中協議が前進すれば支えとなり上伸か(2018年8月20日~24日)

先週の南アフリカランド円相場を振り返りつつ、今週8月20日から8月24日までの南アフリカランド円レート週間見通しを発表します。

スポンサードリンク

先週の南アフリカランド円振り返り

先週の南アフリカランド円は、高値7.93円から安値7.12円の取引レンジで、軟調に推移しました。こちらは先週5日間の日足チャートです。

先週のオープニングとなる13日月曜は、その前週末のトルコリラ急落が波及する形で新興国通貨が軒並み急落、南アフリカランド円もその例にもれず売られ、一時は前週終値比で10%近い下落率となる7.12円まで下落しました。

そのうえ南アフリカでは、ラマポーザ政権による白人所有土地の無償収用問題、米中貿易摩擦での対中貿易悪化リスクといった問題も抱えており、市場では南アランドが敬遠されつつある状況とも見られています。

今週の南アフリカランド円見通し

今週の南アフリカランド円は、まず本日20日では前週比末で下落からスタートしたものの、現在まで上昇しています。こちらは、本日の1時間足チャートです。

今週は、米中貿易摩擦にかかわる貿易協議が再開される見込みで、こちらに進展が見られれば、中国経済と相関の高い南アフリカ経済にも好材料となり、南アランド円の支えとなる可能性があります。

また、22日水曜には前月7月比CPIならびに前年7月比CPIが発表予定で、こちらの数字も関心を集めています。

今週の南アフリカランド円レンジは、7.35円から7.85円を予想します。

今日のレンジ予想/南アフリカランド円見通しと推移

 

日経平均予想をフォロー!
最新情報をお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください