【来週のニュージーランドドル円見通し】雇用大幅改善に米株高で上昇も、上げ一服か(2018年11月12日~16日)

今週のニュージーランドドル円レートは、米株高でのリスクオンの勢いに加え、サプライズ的な失業率の大幅改善も重なり、先週終値比で大幅に上昇、週末にやや上げ幅を縮めつつも、なお高値圏で推移しています。

今週の動きを振り返りつつ、来週のニュージーランドドル円レート予想を発表します。

スポンサードリンク

今週のニュージーランドドル円概況

今週のニュージーランドドル円レートは高値77.265円から安値75.026円のレンジで堅調に推移しており、前週終値比でも大きく上昇しています。

・ニュージーランドドル円 1時間足(5日~9日)

週初5日から週中盤にかけてのニュージーランドドル円レートは、米株高からのリスクオン的な流れに乗り、堅調な推移を見せました。

さらに週中の7日(水)には、発表された失業率が予想を上回る大幅改善(予想4.4%、結果3.9%)となり、このサプライズの好材料に市場が反応、レートは一気に76円を上抜けました。

さらに週後半も、米中間選挙やFOMCが事前予想通りの既定路線でおさまったことにより、ニュージーランドドル円レートも今週の堅調な流れを引き継いで推移、きょう9日にようやくの上げ一服といった様相で下落に転じています。

来週のニュージーランドドル円見通し

来週、ニュージーランドでは特段の経済イベントは予定されていません。

ただ、同じオセアニア圏でニュージーランドドルへの影響も大きいオーストラリアの経済イベントとしては、15日に雇用統計が発表予定となっており、結果を押さえておくのがよさそうです。

同様に、農産物輸出国であるニュージーランドの主要相手国の一つである中国も、経済見通しがニュージーランドドル円に影響を与えることがあります。来週は14日11時に中国・小売売上高などが発表予定となっており、こちらも注意すべきと言えます。

来週のニュージーランドドル円見通しとレンジ予想

来週のニュージーランドドル円レートについては、この2週間で大きな上昇が続いていたことから、そろそろ上昇一服で勢いの鈍くなることが予想されます。

・ニュージーランドドル円 週足チャート

来週のニュージーランドドル円レート見通しは、高値77.25円から安値74.75円のレンジを予想します。

今日のレンジ予想/ニュージーランドドル円見通しと推移

来週のイベントスケジュール(豪・中)

ニュージーランドドル円に関する来週の経済イベントとして、豪州および中国で、下記が予定されています。
※ニュージーランドでの経済イベントは、特段予定されていません。

14日(水)11時 中・10月小売売上高(前年同月比、前回値9.2%)
14日(水)11時 中・10月鉱工業生産(前年同月比、前回値5.8%)

15日(木)9時半 豪・10月失業率(前回値5.0%)
15日(木)9時半 豪・10月新規雇用者数(前回値0.56万人)

今日のレンジ予想/ニュージーランドドル円見通しと推移

 

日経平均予想をフォロー!
最新情報をお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください