【今日のユーロ円見通し】ドル安で上伸も伊財政懸念が重荷で売り買い交錯(2018年11月20日)

今週のユーロ円レートは、米ドル安が波及して一時129.06円周辺まで上昇したものの、イタリア財政懸念が重荷となって上値を抑えられ、20日13時現在は128.90円前後で推移している状況です。

今週の概況をまとめつつ、今日のユーロ円レートのレンジ予想を発表します。

スポンサードリンク

今週のユーロ円概況

今週19~20日のユーロ円レートは高値129.066円から安値128.466円のレンジで推移しています。
前週終値比では小幅に上昇しています。

・ユーロ円 30分足(19~20日)

昨日19日(月)のユーロ円に関しては、米の住宅関連指標が予想を大幅に下ぶれたことや米株下落を受けドルが売られたのが波及し、19日下値128.48円周辺から高値129.066円まで上伸しました。

しかし一方で、イタリア財政赤字問題に関し、イタリアのトルア
経済相より予算案修正の意向がないとの発言が出たことが重荷となっており、ユーロ円レートは19日高値の129.066円から20日には128.85円周辺と、やや戻しています。

今日のユーロ円見通しとレンジ予想

今日20日(火)東京時間(9時~)のユーロ円は、高値128.995円から安値128.792円のレンジで推移しています。

・ユーロ円 15分足(~20日)

目先ではユーロの最大の材料はイタリア財政問題であり、こちらへの懸念が相場の重しとなってユーロ円の上値を阻んでいる状況です。

イタリアとEUの対立は今のところ終息の気配が見られず、あす21日にはEUよりイタリア予算案についての見解発表が予定されていますが、その内容で制裁勧告が行われるのではとの懸念から、少なくとも今日のところのユーロ上伸は難しい状況と言えます。

今日はほかにユーロ関連の経済イベントスケジュールはなく、イタリア問題に関して出てくる最新報道、またドル円の方向性によって、ユーロ円レートが振らされる展開となりそうです。

今日のユーロ円レート見通しは、高値129.25円から安値128.50円のレンジを予想します。

今日のレンジ予想/ユーロ円見通しと推移

今日のユーロ円関連イベントスケジュール

ユーロ円に関する今日の経済イベントとして、下記が予定されています。

22(木)21時半 欧州中央銀行(ECB)理事会議事要旨
22(木)24時 11月消費者信頼感(速報値、前回-2.7、予想-3.0)

23(金)18時 11月サービス部門購買担当者景気指数(PMI、速報値、前回53.7、予想53.6)
23(金)18時 11月製造業購買担当者景気指数(PMI、速報値、前回52.0、予想52.0)

今日のレンジ予想/ユーロ円見通しと推移

 

日経平均予想をフォロー!
最新情報をお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.