【今日のドル円FX見通し・レンジ予想】金利先高感後退が鮮明化、107円台からさらに下値拡大も?(2019年1月10日 木曜日)

一月第二週となる今週7日~11日のドル円FXレートは、米中貿易摩擦問題の解決へ向けた期待感が相場の支えとなる一方で、FRB発言やFOMC議事録に基づく米金利先高感後退が重しとなり、レートは108円からジリジリと値を下げてきています。

今週の概況をまとめつつ、今日のドル円FXレートレンジ予想を発表します。

スポンサードリンク

今週のドル円FX概況

今週1月7日~10日のドル円FXレートは、高値109.090円から安値107.771円のレンジで推移し、先週終値比で下落(円高方向へ推移)しています。

・ドル円FX 1時間足(1月7日~10日)

週前半、再開された米中通商協議への期待感からドル買い・円売りの流れが出て、堅調(円安方向)に推移していたドル円FXレートは、8日(火)から9日(水)日中まで、109円を試しては跳ね返される展開が続いていました。

しかし9日の米時間(日本時間深夜)に入るや、FOMC議事録公開内容にてFRB参加者の大勢が利上げに慎重な姿勢を示していたことが伝わり、米金利先高感の後退からドル売り・円買いの動きが急速に強まりました。

またシカゴ連銀総裁からは、市場の混乱や貿易摩擦による景気下振れリスクについての発言が出され、こちらもリスクオフ的な流れを強める原因となりました。

これらの要因から、109円周辺で推移していたドル円FXレートは一挙に107円台まで下落しました。

今日のドル円FX見通しとレンジ予想

今日10日(木)のドル円FXレートは、高値108.259円から安値107.771円のレンジで軟調に推移しており、前日比で下落(円高方向)となっています。

・ドル円FX 15分足(10日)

昨夜の米株は上昇で引け、市場の過度なリスクオフ心理は後退したとみられ、リスク回避のために買われていた円が売られて円安圧力が生じているものの、米金利先高感の後退で強まっている米ドル安圧力の方がやや勝っており、ドル円FXレートは軟調な展開が続いています。

10日東京時間オープン時点では108円台へ戻していたものの、オープン後間もなくレートは107円台へレンジを移し、そのまま日中は107円台後半で推移しています。

今日深夜(日本時間11日未明2時)にはパウエルFRB議長の発言が予定されていますが、パウエル氏はすでに利上げ路線の見直しを行ったと認識されており、今回の発言もそれにならうものであれば、さらにドル売り・円買いが進んで円高に拍車がかかると考えられます。

これまでは米株の好調がドル円下値の支えとなっていたと考えることもできますが、今日深夜の米株市場が弱気に推移した場合は、ドル円FXレートも支えを失い、さらに下押す可能性があります。

今日のドル円FXレート レンジ予想

今日のドル円FXレート見通しは、こちらのURLにてご確認ください。

→今日のドル円FX レンジ予想

こちらの本サイト公式LINEアカウントを追加すると、ドル円レートや株価のFX予想メールをお届けします。

友だち追加

今週の米国関連イベントスケジュール

米・ドル円FXに関する今週の経済イベントとして、下記が予定されています。

※いずれも、米国での政府機関一部閉鎖の影響により、延期となる可能性があります。

10(木)22時30分 前週分新規失業保険申請件数(前回値 23.1万件、今回予想 22.5万件)
10(木)22時30分 前週分失業保険継続受給者数(前回値 174.0万人、今回予想 170.0万人)
10(木)24時 11月卸売売上高(前月比)(前回値 -0.2%)
10(木)24時 11月卸売在庫(前月比)(前回値 0.8%)
10(木)26時 パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長、発言

11(金)22時30分 12月消費者物価指数(CPI、前月比)(前回値 0.0%、今回予想 -0.1%)
11(金)22時30分 12月消費者物価指数(CPIコア指数、前月比)(前回値 0.2%、今回予想 0.2%)
11(金)22時30分 12月消費者物価指数(CPI、前年同月比)(前回値 2.2%、今回予想 1.9%)
11(金)22時30分 12月消費者物価指数(CPIコア指数、前年同月比)(前回値 2.2%、今回予想 2.2%)
11(金)28時 12月月次財政収支(前回値 -2050億ドル)

→今日のドル円FX レンジ予想

 

日経平均予想をフォロー!
最新情報をお届けします。

おすすめ記事

米国10年国債利回り・ドル円相関チャート

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.