【今週・今日のドル円予想】欧通貨安と米中会談期待で110円突破、ひとまず円安基調継続か(2019/2/12~15)

今週のドル円FXレートは、週中まで109.90円周辺で横ばいの推移が続いたものの、昨日7日NY時間に米中貿易摩擦懸念が再燃し、ややドル売り・円買いが強まって軟調な展開へと移行しています。

先週からの概況をまとめつつ、今週・今日のドル円FXレートレンジ予想を発表します。

スポンサードリンク

先週のドル円FX概況

先週4日~8日のドル円FXレートは、高値110.163円から安値109.433円のレンジで、方向感なく推移しました。

・ドル円FX 2時間足(4日~8日)

先週前半は米景気減速懸念の後退で109.40円台から110.00円手前まで上伸するも、週中盤の米トランプ大統領による一般教書演説では米与野党対立の顕在化で見通し悪化、109.60円周辺まで押し戻されました。

週後半、7日(木)は欧景気見通しの下振れでユーロ安が進行、波及効果で米ドルは一時110.00円手前までふたたび戻しました。

その後何度か110円台をトライするも押し戻され、8日(金)には米中通商協議への悲観的な見方が浮上したことでややドル売り優勢となり、結局週中の下値圏である109.70円周辺で週の取引を終えました。

今週のドル円FX概況

今週前半となる11日(月)~12日(火)、ドル円FXレートは高値110.652円から安値109.754円のレンジで堅調に推移しています。

・ドル円FX 30分足(11~12日)

中国の大型連休である春節があけた昨日11日、ドル円FXレートは109.70円周辺でスタートしたものの、休み明けのアジア株式市場が堅調に推移したことで市場ではリスクオフ心理が台頭、日中に110円をトライした後に上げ渋る展開となりました。

欧州時間になると、このところの欧経済見通し悪化に加えて、英国でも経済見通し悪化の発表があり、ポンド・ユーロの欧州通貨が軒並み下落、資金が流れ込んできたドルが上昇して、110.30円まで円安が進みました。

再び上げ渋ったドル円FXレートでしたが、NY時間になると、米コンウェイ大統領顧問から米中協議について「両首脳は協議に前向き」「(合意に)近づいている」と発言、この報道を支えにドル円は110.40円台まで上値を広げました。

今週・今日のドル円FX見通しとレンジ予想

今日12日(火)のドル円FXレートは、高値110.652円から安値110.349円のレンジで、おおむね堅調に推移しています。

・ドル円FX 5分足(12日)

今日12日、祝日明けの東京市場では、先週末終値109.754円から今朝始値の110.38円まで大幅に円安が進んだことを足がかりに、日本株も大幅に上昇してスタートし、今度はこちらが好材料となってさらに円安が進むというスパイラルが起こりました。

日本株の堅調な推移は継続し大幅高で今日の取引を終え、ドル円FXレートの方も、日中には年初来高値110.62円をつけるなどリスクオンの動きを維持しました。

ただ、この強気な動きの一方で、現在の円安は「あくまで短期的な材料に振らされているに過ぎない」という声も挙がっています。事実、米政府期間閉鎖への懸念はいまだ払拭されたわけではなく、またブレグジットにまつわる懸念も晴れていません。

ひとまず今週は、経済指標の下振れや、今夜(日本時間13日2:45)に予定されるパウエルFRB議長発言での見通し悪化などがなかった場合、ドル円FXレートは堅調な推移となりそうな一方、今週末までに111円を上抜けたレンジへ移行するには、やや材料不足の感も否定できません。

今週と今日のドル円FXレート レンジ予想

今週のドル円FXレート見通しは、高値110.80円から安値109.60円のレンジを予想します。

今日のドル円FXレート見通しは、こちらのURLにてご確認ください。

→今日のドル円FX レンジ予想

こちらの本サイト公式LINEアカウントを追加すると、ドル円レートや株価のFX予想メールをお届けします。

友だち追加

今週の米国関連イベントスケジュール

今週12日~15日に予定されている米国の経済指標などのスケジュールは、次の通りです。

2/12(火)26:45 パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長、発言

2/13(水)21:00 MBA住宅ローン申請指数(前週比)(前回値 -2.5%)
2/13(水)22:30 1月消費者物価指数(CPI)(前月比)(前回値 -0.1%、今回予想 0.1%)
2/13(水)22:30 1月消費者物価指数(CPI)(前年同月比)(前回値 1.9%、今回予想 1.5%)
2/13(水)22:30 1月消費者物価指数(CPIコア指数)(前年同月比)(前回値 2.2%、今回予想 2.1%)
2/13(水)22:30 1月消費者物価指数(CPIコア指数)(前月比)(前回値 0.2%、今回予想 0.2%)
2/13(水)28:00 12月月次財政収支(前回値 -2050億ドル、今回予想 -110億ドル)

2/14(木)22:30 1月卸売物価指数(PPIコア指数、食品・エネルギー除く)(前月比)(前回値 -0.1%、今回予想 0.2%)
2/14(木)22:30 1月卸売物価指数(PPIコア指数、食品・エネルギー除く)(前年同月比)(前回値 2.7%、今回予想 2.5%)
2/14(木)22:30 前週分新規失業保険申請件数(前回値 23.4万件、今回予想 22.5万件)
2/14(木)22:30 12月小売売上高(前月比)(前回値 0.2%、今回予想 0.1%)
2/14(木)22:30 前週分失業保険継続受給者数(前回値 173.6万人、今回予想 173.9万人)
2/14(木)22:30 12月小売売上高(除自動車)(前月比)(前回値 0.2%、今回予想 0.0%)
2/14(木)22:30 1月卸売物価指数(PPI)(前月比)(前回値 -0.2%、今回予想 0.1%)
2/14(木)22:30 1月卸売物価指数(PPI)(前年同月比)(前回値 2.5%、今回予想 2.1%)
2/14(木)24:00 11月企業在庫(前月比)(前回値 0.6%、今回予想 0.3%)

2/15(金)22:30 1月輸入物価指数(前月比)(前回値 -1.0%、今回予想 -0.1%)
2/15(金)22:30 1月輸出物価指数(前月比)(前回値 -0.6%、今回予想 -0.1%)
2/15(金)22:30 2月ニューヨーク連銀製造業景気指数(前回値 3.9、今回予想 7.5)
2/15(金)23:15 1月設備稼働率(前回値 78.7%、今回予想 78.8%)
2/15(金)23:15 1月鉱工業生産(前月比)(前回値 0.3%、今回予想 0.1%)

2/15(金)24:00 2月ミシガン大学消費者態度指数・速報値(前回値 91.2、今回予想 94.0)
2/15(金)30:00 12月対米証券投資(短期債除く)(前回値 376億ドル)
2/15(金)30:00 12月対米証券投資(前回値 310億ドル)

→ドル円為替レート トップページへ

 

日経平均予想をフォロー!
最新情報をお届けします。

おすすめ記事

米国10年国債利回り・ドル円相関チャート

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.