【仮想通貨週間展望】今週のビットコインの見通し(8月27日~9月2日)

今週のビットコイン見通し

先週のビットコインは、ビットメックスのメインテナンスに合わせたDDos攻撃でショートポジションのロスカットがあり一時高騰しましたが、その後落ち着き、週末に三角持ち合いを上振れしました。
今週のビットコインの見通しを解説します。

スポンサードリンク

先週のビットコインの推移(8月20日~8月26日)

先週のビットコインは、69万円~73万円のレンジ相場で推移していましたが、一時、高騰したのと週末に上昇し、75万円の高値をつけています。

・先週のビットコインチャート 1時間足
先週のビットコインの推移チャート(8月20日~8月26日)

レンジ相場で推移していましたが、22日の取引所のビットメックスのメインテナンス時間を狙ったDDos攻撃をあいまった上昇でショートポジションのロスカットが大量に発生して、一時的に大きく上昇しています。
一時的な上昇にとどまり、その後にレンジ範囲に戻ってきています。

1時間足のチャートでは、8日からはじまった下落トレンドの中で底値でのレンジ相場での動きの中にありましたが、26日土曜に上昇し、8日以来の高値となり、トレンド転換の動きが見えています。
移動平均線も上向いて、ゴールデンクロスしていることから、上昇トレンドに転換する兆しとなっています。
上昇トレンドには、75万円を明確に超えてくることが必要となります。


スポンサードリンク

今週のビットコインの見通し(8月27日~9月2日)

・ビットコインチャート1時間足 移動平均線
今週のビットコインの見通しチャート(8月27日~9月2日)

今週のビットコインの推移の予想は、現在は、73万円~76万円のレンジ相場で推移していると思われ、16日からチャートを見てみると4~5日間はレンジ相場になっていますので、今週は30日から31日くらいまではレンジ相場で推移して行くものと予想します。

その後に上下どちらかにブレイクすると思われますが、移動平均線が上向きでゴールデンクロスがありましたので、上昇方向に上振れするのではないかと予想します。

ビットコインの取引ボリュームは、8月上旬から傾向的に減少傾向にありますので、まだ下落トレンドを抜け出していません。
ビットコインの取引ボリュームが傾向的に多くなってくると価格上昇にはずみが付くと思われます。

ビットコイン先物の取引状況では、ヘッジファンドが先々週から引き続き買い越しとなっています。
ただし、先々週と比べてみるとほとんど枚数にかわりはなく、ヘッジファンドは動いていないことがわかります。
レンジ相場だったので、あまり動きがなかったと思われます。
週末に上振れしたので、今週のビットコイン先物のヘッジファンドは、買いか売りの枚数が大きく動きそうです。

今週のビットコイン見通しまとめ レンジ相場後に上昇トレンドに転換

今週のビットコインは、先週、トレンドラインのブレイクがあり、一段上のレンジ相場に移行しています。
移動平均線などメジャーなテクニカルは上昇を示していますので、週末にかけて上値ブレイクすると予想しています。

今週のビットコインは、週末にかけて80万円を目指す展開になると予想します。

 

日経平均予想をフォロー!
最新情報をお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です