10-12月期日銀短観発表!大企業製造業業況判断 は予想と一致 ドル円為替には影響なし

8時50分に日銀短観が発表されました。大企業製造業業況判断は、予想と一致し、ドル円為替には影響は限定的でした。

10-12月期日銀短観

10-12月期日銀短観大企業製造業業況判断(DI) 結果:10(予想:10 前回:6)
10-12月期日銀短観・四半期大企業製造業先行き  結果:8(予想:9 前回:6)
10-12月期日銀短観・四半期大企業全産業設備投資 結果:5.5%(予想:6.1% 前回:6.3%)

10-12月期日銀短観が発表されましたが、予想を下回る数値もありました。
日銀短観が発表されたときに115.14円から115.27円付近まで上昇しましたが、勢いはなく現在は、115.2円前後に落ち着いています。

大企業非製造業の業況判断DIは+18、先行きは+16でした。
中小製造業・業況判断DIは+1、先行きは-4、中小非製造業・業況阪大DIは+2、先行きは-2となった。

2016年度大企業製造業の想定為替レートは1ドル=104.9円(9月調査:107.92円)でした。

 

日経平均予想をフォロー!
最新情報をお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください