日経平均が250円高で2万1700円越え!15連騰が濃厚に!

23日の日経平均は250円高で始まり、一時2万1700円を超えました。
史上最長の15連騰を記録しそうです。

スポンサードリンク

日経平均が250円高で2万1700円越え!15連騰が濃厚に!

〇日経平均チャート
10月23日日経平均チャート

日経平均が、250円高で始まり、一時2万1700円を超えていました。

史上最長の15連騰が濃厚となっています。

日経平均が上昇している要因は、

1、衆議院選挙での与党圧勝
2、円安が進んだ

この2つが大きな要因となっています。

昨日の衆議院選挙で与党の自民党と公明党が圧勝して、自民党で単独過半数、両党合わせて3分の2を占める圧勝となっており、アベノミクスが加速する期待を受けて上昇しています。

円安は、米上院が2018会計年度の予算決議案を可決したことでトランプ大統領の減税案は進むとみられてドルが買われ、さらに昨日の選挙結果を受け、金融間が継続されるとの安心感から円が売られて円安になっています。

上記の2つの要因から、大きく買われて株価が上昇しています。

今後の日経平均見通し

今日は、円安が大きく進んでいますので、輸出関連株の買いが大きく入っています。

ここまで上昇すると利益確定の売りが出ますので、若干下押しする可能性がありますが、大きく下落することはないと思われますので、15連騰となる可能性が高いと思われます。

 

日経平均予想をフォロー!
最新情報をお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください