今週の日経平均の振り返り(10月30日~11月2日) 上げ幅530円以上

日経平均今週の振り返り

今週の日経平均は、上昇の勢いがそのまま続き大きく上昇しました。

スポンサードリンク

今週の日経平均の振り返り(10月30日~11月2日) 上げ幅530円

今週の日経平均は11月1日に大きく上昇して、週としては、前週の終値より530円ほど上昇しておわりました。

日付 終値 前日差
10月30日 2万2011.67円 +3.22円
10月31日 2万2011.61円 -0.06円
11月1日 2万2420.08円 +408.47円
11月2日 2万2539.12円 +119.04

今週が始まった月曜火曜は、小動きとなりましたが、それから大きく上昇しました。

上昇した理由は、

31日:日銀の金融緩和維持
31日:ソニーの20年ビルの好決算
31日夜:米経済指標が好調
31日深夜:米株価と円安の進行
1日深夜:FOMC(米連邦公開市場委員会)での声明で利上げ確実

11月1日は、始値から200円以上上げる展開で始まりました。
その後は、400円以上上昇して終わり、今年4番目の上げ幅となりました。

11月2日は、前夜のFOMC(米連邦公開市場委員会)で利上げ確実となり、円安が進行して、100円以上上昇しています。

終わってみれば、500円以上上昇して2万2500円を突破した上昇相場でした。

スポンサードリンク

来週の日経平均の見通し

日経平均は、1996年6月の高値の2万2666円が上値目標となっています。

そこを明確に超えるとバブルの1989年12月の史上最高値の3万8915円まで明確に高値目標が存在しないので、大きく上昇する可能性があります。
逆に最後の上値目標となる2万2666円は厚い壁として立ちはだかる可能性があります。

PER PBR
10月30日 15.33 1.33
10月31日 15.24 1.32
11月1日 15.24 1.33
11月2日

企業の好決算でPERが下がっているようで、10月30日より日経平均が上昇している11月1日のPERは、10月30日が15.33なのに対して、11月1日は15.24となって下がっています。

PERから見るとまだ割安な相場といえるでしょう。

週末にリスク要因がなければ、来週も上昇傾向は続きそうです。

友だち追加

 

日経平均予想をフォロー!
最新情報をお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です