【今日の恐怖指数】8月2日の日経平均VIと米VIX指数ー次の暴落時期と原因を探る

今日の恐怖指数

毎日の恐怖指数から暴落の時期と原因を探っていきたいと思います。日経平均VIとS&P500のVIX指数の変化から考察したいと思います。

スポンサードリンク

今日(8月2日)の日経平均VIと米VIX指数

〇8月2日の恐怖指数

日経平均VI:12.19 (-1.16) (-8.69%)
VIX指数 :10.06 (-0.20)(-1.95%)

※VIX指数は前日のもの
日経平均暴落
NYダウ暴落

日経平均VI(ボラティリティインデックス)と米S&P500のVIX指数は、前日より下落しています。

日経平均VI(ボラティリティインデックス)は、たぶん過去最低だと思われます。

日米とも安定していて、波乱がない状況だと思われているようです。

このような状況だと、そのうち暴落が来そうな気がします。
暴落が来るとみんなが騒いでいるときは来ないで、みんなが大丈夫だと思った時に暴落が来る場合が多いので、注意が必要かもしれません。

スポンサードリンク

今日(8月2日)の日経平均

今日の日経平均の終値は、20,080.04円(+94.25円)(+0.47%)となっています。

円高でしたが、アメリカ株価上昇の影響で2万円を回復しました。

ドル円為替は、昨日のISM製造業景況感指数が予想を下回り、一時109円台になっていましたが、日経平均が始値から上昇し、すぐ100円以上の上昇となったことから、ドル円為替も回復して、110.7円付近まで上昇しました。

現在、ドル円は110.7円台で推移していて、NYダウの先物は―20ドル程度で推移しています。
ヨーロッパの株価は、大半が下落になっています。

○日経平均AI予想では、来月の日経平均の上昇or下落を予想中
→ 勝率75%! 日経平均AI予想ツール「GROWIN」

いまのところ明日の日経平均は、今日の終値付近での膠着しそうな傾向です。

 

日経平均予想をフォロー!
最新情報をお届けします。

おすすめ記事

株価暴落

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です