北朝鮮ミサイル発射と核実験リスク!25日に朝鮮人民軍創建85周年

北朝鮮有事

北朝鮮リスクがくずぶっていて、ミサイル発射のリスクが、明日の北朝鮮のイベントで最大になる懸念が出てきました。

スポンサードリンク

北朝鮮ミサイルリスク 4月25日朝鮮人民軍創建85周年

明日、4月25日に朝鮮人民軍創建85周年のイベントがあります。

軍事イベントとあって、朝鮮人民軍にとって、重要なイベントになりそうです。

そこで対外に朝鮮人民軍の力を示すためにミサイル発射や核実験を行う可能性が高まっていて、北朝鮮リスクが高まっています。

・2017年の北朝鮮ミサイル発射

2017年北朝鮮ミサイル発射の日付と日本の日経平均株価への影響

2017.04.17

上記の記事で、1ヶ月に1回ミサイル発射実験をしています。
16日にミサイル実験を失敗していますので、それを挽回するために4月に3度目のミサイル実験を強行する可能性もあります。

昨年の軍創建日前後には、潜水艦発射弾道ミサイルや中距離ミサイルと発射していて、今年も示威行為を行う可能性は高いと思われます。

現在、北朝鮮付近には、米空母のカールビンソンが近付いていて、23日から日米の共同訓練が行われています。
米国も北朝鮮への圧力を強めており、北朝鮮がどのように反応するかが注目されています。

北朝鮮 核実験リスク

北朝鮮のリスクは、ミサイル発射リスクだけではなく、最大のリスクは、核実験だと思われます。
北朝鮮は、過去に5回の核実験を行っており、6回目の核実験が行われるのではと緊張が高まっています。

○過去の北朝鮮の核実験
・2006年10月9日午前10時35分頃
・2009年5月25日午前9時54分頃
・2013年2月12日午前11時57分頃
・2016年1月6日午前9時59分頃
・2016年9月9日午前9時30分頃

全5回で全部午前中の10時ごろに行われています。

北朝鮮の核実験が行われるとすると25日か26日の午前10時前後になるのではないでしょうか。

核実験を行った場合に最悪のシナリオとしては、米軍の先制攻撃による米朝の紛争の可能性があります。

核実験が行われた場合の為替や株価への影響は、一時的には甚大でドル円で105円、日経平均で18000円を切るレベルまで下落する可能性があります。

実際に米軍からの攻撃がなくても緊張状態が長く続き、リスク回避の動きが続きますので、円高株安が進むものと思われます。

日米首脳電話会談

安倍首相とトランプ大統領が本日の24日午前中に電話会談しました。

上記の25日の朝鮮人民軍創建85周年イベントでのミサイル発射や核実験に関して協議した模様です。
北朝鮮への影響力を持つ中国への協力を求めることでも意見が一致したものと思われます。

北朝鮮への圧力を強める狙いがあるが、圧力をかけても北朝鮮が核実験を思いとどまる保証はなく、緊張状態が続くことになります。

 

日経平均予想をフォロー!
最新情報をお届けします。

おすすめ記事

米国10年国債利回り・ドル円相関チャート

2 件のコメント

    • ありがとうございます。
      今後も見やすさに気を付けていきたいと思います。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.