東芝上場廃止か?決算発表も監査法人の意見なしで5325億円の赤字!

EU消滅危機

東芝が、本日11日に2度にわたり延期していた2016年4~12月期決算を発表しました。
しかし監査法人と意見が折り合わず、監査法人の手k製意見なしという異例の決算報告となりました。

スポンサードリンク

東芝決算、5325億円の赤字で監査法人が適正意見なし

東芝が発表した2016年4月~12月期の決算は、最終損益が5325億円の赤字となり、年末に2256億円の債務超過に陥っています。

・売上高:3兆8468億円(前年同期:-4%)
・営業損益:5762億円の赤字(前年同期:2319億円赤字)
・最終損益:5325億円の赤字(前年同期:4794億円赤字)

となっています。

今回、監査法人の適正意見が付かなかったのは、米ウエスチングハウスの件で意見が合わなかったと言うことですが、適正意見がないということは、監査法人が適正だと認めていないということです。
今後の監査法人との話し合いで赤字幅が増えるなど変更される可能性があります。

さらに「継続企業の前提に重要な疑義を生じさせる事象または状況が存在している」と注記してありました。

東芝は上場廃止か?

これを受けて、東証が上場か廃止かを総合的に判断することになると思われます。
半導体部門の売却など、まだ逆転の望みはありますが、東芝の上場廃止に黄色信号がともったのではないでしょうか。

東芝記者会見の時間

午後6時45分から綱川智社長が会見を開きます。
詳しい情報は、そこで明らかになるのではないでしょうか。

 

日経平均予想をフォロー!
最新情報をお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.