【米国債 金利】米国長期金利ウォッチャー 2018年7月17日

米国長期金利ウォッチャー

米国の長期金利(米国10年国債)は、15:50時点で前日比+0.009で2.864%と先週から殆ど変わらず。

7月17日現在、次回の8月1日に行われるFOMCで利上げが実施される確率は3.1%と若干上昇しましたが、依然、来月の利上げの可能性はほぼ無いようです。

14:50のドル円取引は、前日比+0.07で112.36円とドル高の傾向は続いており、過去6ヶ月の最高値圏にあります。市場は、パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長が17日、米上院銀行委員会で証言するを注目しており、現在は膠着状態にあるようです。

 

日経平均予想をフォロー!
最新情報をお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.