【米国債 金利】米国長期金利ウォッチャー 8/10 2.922%やや低下

米国長期金利ウォッチャー

10日14:00の米国の長期金利は、2.922%とやや低下した。7月の米卸売物価指数(PPI)が市場予想を下回ったため、FRBの利上げ加速の観測が後退し、債券買いを誘い、長期金利は低下した。

今後は、利上げが確実視される9月のFOMCの政策金利決定会合が市場の関心事が集まり、米国長期金利は、9月中旬まで傾向的には上昇すると予想される。

 

日経平均予想をフォロー!
最新情報をお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です