【米国債 金利】米国長期金利ウォッチャー 8/13 2.857%、トルコ情勢で低下

米国長期金利ウォッチャー

13日週明けの米国長期金利は、2.857%と低下しています。トルコ情勢の悪化で投資家心理が冷え込み、安全資産とされる米国債の買いを誘い、約1ヶ月ぶりのレベルまで長期金利は低下しました。

今後は、トルコ情勢の行方に市場の注目が集まりますが、情勢が一段落すれば長期金利は、8月いっぱいは、再び3%を目指して上昇していくものと思われます。

 

日経平均予想をフォロー!
最新情報をお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です